注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

奈良農業の新旗手たち

 稲刈りも終わり、田畑も冬支度に変わってきました。奈良は住宅街から一歩出ると、こんな村の風景に出会える町です。でも、変わらない風景と違って、農業の担い手は少しずつ様相が変わってきています。「厳しい」、「高齢化」といわれる担い手の状況ですが、今回は、少し目新しい奈良の農業の担い手をご紹介しましょう。

 ひとつは、農村外から移り住んで新たに農業を始めている人たちです。ある人は30歳を前に、東京のコンピューターソフト会社を辞め、ホウレンソウを作っています。できるだけ農薬を使わず作ったホウレンソウを仲介業者を通じて出荷しています。その商品は口コミで東京の料理店から注文の来るほどになっています。今はまだ技術研鑽に奮闘中ですが、将来はもっと面積も拡げたいと夢を話しています。また、ある人は30年ほど勤めた機械メーカーを定年前に辞め、花壇苗の栽培を始めています。自宅のある大阪から、毎日通いながら花を作っておられます。一昨年の台風で大きな被害を受けましたが、めげずにがんばっている顔は笑顔に満ちています。また、ある人は農地開発で開かれた畑に、大阪から家族で移住し、有機農業を始められました。はじめは栽培もうまくいかず、販売もままならない時期も続きました。でも家族の協力と自ら消費者を開拓する努力が徐々に実ってきています。今では研修生を受け入れるほどで毎日、有機無農薬の野菜を消費者に届けています。

 もちろん、もともと農村にいる人の中にも、新しい取り組みを始める人がたくさんいます。ある人は会社を立ち上げ、担い手の高齢化で荒れはじめていた地域の水田作業(田植えや稲刈り)を引き受ける仕事を始めました。今まで農業関係で勤めていた経験を活かして業務の拡張に努力されています。来年からはブルーベリーの摘み取り園の開園も予定されているそうです。

 もうひとつは、会社として農業に取り組みを拡げようとしている人たちがいます。もともと建築関係の会社から関連会社として農業生産法人を立ち上げ、数名のスタッフと地元のパートさんがトマト、ホウレンソウ、米、花壇苗などの農産物の生産を始めています。

 実はここ数年、不景気の影響もあって新たに農業の世界に飛び込んでくる人がわずかながら増える傾向にあります。次の時代の奈良県農業を担うのは、これを読んでいるあなたかもしれませんね?


2000年11月
奈良県農業技術センター
主任研究員 仲 照史