注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

有機JASマークを知っていますか

・どのような制度なの
有機JASの表示は、昨年のJAS(日本農林規格と呼ばれ農林物の品質表示を定めている)法の改正により、平成13年4月から有機農産物や有機食品については生産者の申請により登録認定機関(有機栽培法、有機農産物の仕訳、出荷を検査・認証を行う)が認証し、これをうけて生産者が有機農産物、有機食品の出荷容器に、有機JASマークをつけて販売することになっています。

・有機JASマークでわかることは
皆さんがスーパーや八百屋、果物屋、コンビニ等で、例えば有機栽培の野菜を購入しようとするときに、このマークを見れば、この野菜は国が定めた方法で有機栽培をしており、その検査はどの登録認定機関が行ったかがわかるようになっています。
そのため、これまで有機の表示の中身がわかりにくかったのが、有機栽培と出荷の方法が一定の基準で行われているため、購入希望者に安心できるようになっています。
そこで、このようなと登録認定機関の認証(有機JASマークをつける)をうけないで農産物や農産加工品に有機やオーガニックなどの表示をすると罰せられます。

・この制度の基準は
1.圃場条件 ―野菜であれば使用禁止資材を2年以上、永年性作物は3年以上使用していない圃場で、非有
  機栽培圃場と分離していること。
2.資材、種苗―使用が認められているのは天然に由来した肥料、農薬のみ。種苗も使用禁止資材は使用でき
  ない。遺伝子組み替えの種苗は使用できない
3.選別、輸送―有機栽培以外の農産物が混合しないよう、また農薬等による2次汚染がないように管理調整
  場などが検査されます。

・奈良県の生産者の動きは
奈良県有機農業連絡協議会と奈良県農業振興課が中心となり、この課題の講演会や勉強会を開催したところ、大きな団体に属さない小規模生産者では認証を得るための費用負担がかさむ点が問題となりました。
協議会では有機認証を受けるための条件整備中の団体と、消費者との提携重視で、もう少し様子を見たい団体とにわかれているのが現状です。情報交換のできる、この勉強会は今年度も開催し、問題の解決に向けて努力しています。

2001年5月
奈良県農業技術センター
高原農業振興センター 専門技術員 安堂和夫