注意 過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。

農薬情報あれこれ

 近年問題となった狂牛病や無登録農薬問題を重く受け止め、食の安全をより一層確保することを目的に、2003年3月10日に農薬取締法が改正施行されました。具体的には、無登録農薬の製造・輸入・使用の禁止、処罰対象者の拡大、違反に対する罰則の強化、農薬使用基準の強化・設定等が主な改正点です。これまでは農薬を扱う業者への取締りが中心でしたが、今回は使用者への規制が強化されました。これにより、一般農家や家庭菜園を楽しむ人も、無登録農薬や使用禁止農薬を使用したり、農薬使用基準(適用作物、使用量や希釈倍率、使用時期、使用回数)にない間違った使用をすると罰則対象になります。

 この法改正を機に、これまで関係者以外分かりにくかった最新の農薬登録情報が、日本植物防疫協会が運用するホームページ(http://www.jppn.ne.jp/)で一般公開されています。このホームページでは作物名や農薬名から最新の登録内容を誰でも検索できます。作物名のほか、「野菜類」や「果樹類」、「花き類」といったグループ化されて登録がとれている農薬もありますので、検索してみると良いでしょう。

 農薬登録上の作物の分類については、農水省のホームページ(http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/index.html)に掲載されています。

 県内の農作物病害虫発生情報等を掲載している奈良県病害虫防除所のホームページ(http://www.jppn.ne.jp/nara/)からもこれらのホームページに行けるようにリンクさせてありますので、是非ご利用ください。

 農薬登録情報は、各製品に貼ってあるラベルでも確認出来ます。まず、国の登録番号である「農林水産省第○○○○号」が表示されているかを見てください。この表示が無く農作物の病害虫に対する効果をうたって販売されているものは、無登録農薬になります。そのほか適用作物や希釈倍率、適用病害虫、使用時期、使用回数、使用上の注意事項などが示されています。これらをよく読んでから、購入、使用してください。ただし、法改正直後のため、ラベルの情報が古い場合がありますので、最新情報を先述のホームページや販売店等で確認してください。

 以上は使用者に対する情報でしたが、消費者に対して農作物に使用された農薬の情報を開示していこうという取り組みも、県と農協の協力のもとで進められています。まだ準備段階ですが、早ければ、12月頃には一部で利用できるようになるとのことです。

 このように、農薬に関する様々な情報を誰でも入手出来るようになってきましたが、利用者がインターネットを使える人に限られたり、自分で努力しないと最新情報から取り残されたりしてしまう盲点もあります。農作物を販売したり、あげたりする以上は、農薬情報にアンテナを張り巡らせ努力して頂く必要がある一方、これまで以上に人と人との情報交換を大切にしていきたいところです。


2003.6
奈良県農業技術センター
環境保全担当 虫害防除チーム  松村美小夜