丹生川


紀の川水系丹生川浸水想定区域図概要版をご覧になる方へ
 
  内容等ご不明な点がございましたら、奈良県土木部河川課にお問い合わせ下さい。
       <お問い合わせ先:奈良県土木部河川課(0742-27-7504)>
 
 1.浸水想定区域図の説明
(1)この図は紀の川水系丹生川について、水防法の規定により指定された浸水想定区域と、当該区間が浸水した場合に想定される水深その他を示したものです。なお、凡例に示した河川等範囲においても浸水のおそれがあります。
(2)この浸水想定区域等は、平成18年3月末時点の丹生川の河道の整備状況等を勘案して、洪水防御に関する計画の基本となる降雨である概ね1時間に最大77mm程度の大雨が降ったことにより丹生川がはん濫した場合に想定される浸水の状況を、シミュレーションにより求めたものです。
(3)なお、このシミュレーションの実施にあたっては、支派川のはん濫、想定を超える降雨、内水によるはん濫等を考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。また、土地利用状況の変化等により、実際と異なる浸水状況や、浸水深が発生する場合があります。
 
 2.基本事項等
  (1)作成主体     奈良県
  (2)指定年月日    平成19年11月9日
  (3)告示番号     奈良県告示第272号
  (4)指定の根拠法令  水防法(昭和24年法律第193号)第14条第1項
  (5)対象となる水位周知河川 紀の川水系丹生川
(実施区間:吉野郡黒滝村大字中戸字川戸390番地先の県道宮前橋から紀の川への合流点まで)
  (6)指定の前提となる計画の基本となる降雨
流域全体に48時間総雨量330mm、ピーク時の1時間に77mmの降雨がある場合
  (7)関係市町村    五條市、下市町、黒滝村
(8)その他計算条件等
ア.この図は、紀の川水系丹生川で溢水した場合の浸水想定区域図を図示しています。このため、その他の河川が溢水・破堤した場合の浸水状況は図示していません。
イ.この図は、紀の川水系丹生川が溢水した時のはん濫計算結果をもとに作成しました。
ウ.浸水想定区域は、はん濫計算によって各横断図毎の浸水想定水位を算出し、原則として縮尺1/2,500の地形図上の地形、連続盛土構造物(道路の盛土)などを考慮して図化しています。このため、土地利用の変化や微地形による影響が表せていない場合があります。
エ.この図は、原則として関係市町村作成(五條市(H4.12)、下市町(H16.11)、黒滝村(H8.7))の縮尺1/2,500の地形図を利用しています。このため、地形図作成以降の土地利用状況の変化により、現時点の土地利用を表せていない場合があります。
この図は、関係市町村の承認を得て、関係市町村の地形図を使用し複製しています。