3月10日 少子・高齢化社会対策特別委員会

少 子・高 齢 化 社 会 対 策 特 別 委 員 会 記 録
開催日時  平成21年3月10日(火)  15時47分~15時54分
開催場所  第1委員会室
出席委員  9名
        服部 恵竜 委員長
        森川 喜之 副委員長
        浅川 清仁 委員
        宮本 次郎 委員
        畭 真夕美 委員
        神田加津代 委員
        安井 宏一 委員
        藤本 昭広 委員
        秋本登志嗣 委員
欠席委員  なし
出席理事者  稲山福祉部長
         高木こども家庭局長
         竹村健康安全局長
         杉田商工労働部長
         宮谷まちづくり推進局長 
         山本教育理事 ほか関係職員
傍 聴 者  なし
議  事
   2月定例県議会追加提出予定議案について
<質疑応答>
 
○服部委員長 ただいまの説明について、質疑があればご発言願います。
 なお質疑は、ただいま説明のありました案件に限らせていただきますので、ご了承願います。
 
○宮本委員 1点だけ簡潔にお聞きしたいのですが、バリアフリーの工事は非常に大事だと思うのですが、ある障害者団体の出した、観光地ごとにバリアフリー度をはかった統計では、奈良県は相当低いところにあると。特に近鉄奈良駅やJR奈良駅あたりのことをいってるんだろなと思うのですが、先ほどの本会議の議論では、知事は相当な自信を持って、平城遷都1300年祭にたくさん人が来られるという話ですけれども、だとすればこのバリアフリー度をどう上げていくのかということが早急に問われると思うのですが、そういう点で何か目標や計画があるのかどうかお聞かせいただければと思います。
 
○寺田福祉政策課長 駅のバリアフリーに関してお答えいたします。県の方では鉄道駅の整備につきまして、平成8年に人にやさしい鉄道駅整備事業を作っております。当初の5年間は県の単独ということで整備をさせていただきました。5年過ぎまして、平成13年からは国庫補助がはいりまして、特に日に5,000人以上利用者があり、段差5メートル以上の駅に関しては国庫補助と併せて整備を図っておるところです。順次かなり整備が進んできておりますが、今回、待望久しかった近鉄大和西大寺駅が整備がされるわけですが、まだ主要駅、例えば近鉄では大和八木駅の大阪線ホーム、五位堂駅、榛原駅、高田市駅、JRでは高田駅等が残っております。県といたしましては、早急に整備していただくように鉄道事業者等に今後も働きかけていきたいと考えているところでございます。以上でございます。
 
○服部委員長 都道府県の比較順位はわかりませんか。奈良県は遅れているっていうのが。
 
○寺田福祉政策課長 全国の数値は、今持ち合わせておりません。
 
○宮本委員 ぜひ目標というものをしっかり持っていただければと思いますので、その点要望しておきたいと思います。
 
○藤本委員 近鉄大和西大寺駅のエレベーターの件ですけれども、大阪方面、南の計画とかはないのですか。
 
○寺田福祉政策課長 近鉄大和西大寺駅に関しましてはホームが3つございます。その3つのホームにつきまして、コンコースから、改札に入ってからそれぞれのホームに上下のエレベーター、それからコンコースに至るまでの南と北のエレベーターの整備を併せて行う予定です。
 
○服部委員長 ほかに質疑はございませんか。
 なければ、これをもちまして質疑を終わります。
 これをもって、本日の委員会を終わります。