高額療養費の支給

同じ月に下記の限度額を超えて自己負担金を支払ったときは、市町村の担当窓口に申請すると、超えた分の払い戻しが受けられます。
なお、75歳に到達し、後期高齢者医療制度に加入した月には、限度額が2分の1に減額される特例があります。

自己負担限度額(月額)
 

世帯の所得区分

外来(個人ごと)

外来+入院(世帯)

現役並み所得者 57,600円 80,100円+1% (44,400円)
実際にかかった医療費が267,000円を超えた場合、
越えた分の1%の額を加算します。
一般 14,000円 57,600円 (44,400円)
低所得者II 8,000円 24,600円
低所得者I 15,000円

※1年間に3回以上限度額を超えた場合、4回目以降の限度額は( )内の金額となります。また、入院時の食事代や差額ベッド代等は、支給対象となりません。

                        

 
75歳到達月における自己負担限度額

月の初日以外の日に75歳に到達したことにより、後期高齢者医療制度の資格を取得した場合は、その月の自己負担限度額は2分の1となります。

 

 
所得区分 個人
(75歳到達月の外来)
個人合算
(75歳到達月の外来と入院)
世帯(外来と入院)
現役並み
所得者
28,800円 40,050円+1%(22,200円)
実際にかかった医療費が133,500円を
超えた場合、越えた分の1%の額を
加算します。
80,100円+1%(44,400円)
実際にかかった医療費が267,000円を
超えた場合、越えた分の1%の額を
加算します。
一般 7,000円 28,800円(22,200円) 57,600円(44,400円)
低所得者II 4,000円 12,300円 24,600円
低所得者I 7,500円 15,000円

※1年間に3回以上限度額を超えた場合、4回目以降の限度額は(  )内の金額となります。