財形貯蓄制度は、勤労者の「より有利な財産づくり」を目的として制定された勤労者財産形成促進法により創設された貯蓄制度です。
 奈良県では、職員の計画的な財産づくりを推進し、豊かで安定した生活を築くために実施しています。