平成23年仕事納め式
                                                                           平成23年12月28日 第1会議室

 平成23年の仕事納めの日でございます。この平成23年を振り返りますと、その前の年の平城遷都1300年の行事が無事に済んで、ほっとして新年を迎えたように思います。
 平城遷都1300年の年は、本当に平穏に、また行事も快晴に恵まれて奈良県にとって大変幸運な年であったように思い出されますが、3月11日、委員会の途中に地震が起こって大変な災害であることがわかりました。すぐ、職員派遣の段取りをしたり、その後時間が経ちましたが、平城遷都1300年の剰余金3億円を現地にお持ちさせていただきました。その後も原発事故の深刻さなどがあって、大変な状況が続いているのはご承知のとおりでございます。この年末にも、宮城県の知事から手紙がまいりまして、今年の感謝とともにまだ人員に不足があるので、派遣をしてほしいという手紙でございました。そのように今なお、東北の方でお困りの県もございますので、そのことにも思いを馳せざるを得ないように思います。東日本大震災においても県の職員の方々、本当に一生懸命やっていただいたように思います。現地の方でもその後も感謝の連絡が続いているところでございます。そのことについても県の職員の方に感謝を申し上げます。また、被災された方々の本県への受け入れについても住宅課をはじめとして、丁寧に対応していただいて大いに感謝をされたと思います。この点もうれしいことでございました。

 
 そのように慌ただしく過ぎていくなかで、9月3日、4日の大雨で大いに心配しているなか、大規模な土砂災害が発生いたしました。その後、行方不明者の捜索など、警察、消防、自衛隊も含めて現地にいち早く駆け付けていただきまして、活動していただきました。その後、復旧・復興については、国の迅速な活動も含め、9月から3か月でございますが、仮設住宅の建設も進み、お住まいの方々は多少落ち着いた感じになっておられますし、現地の首長さんからは、県の迅速な活動に感謝をしていただいております。そのことも皆さんご承知のことでもありますが、改めてご報告を申し上げまして、また私からも警察、消防、職員の方も現地に一生懸命行っていただきましたことに改めて御礼を申し上げたいと思います。復旧・復興につきましては、まだ仕事が残っておりますが、来年度の当初予算に向けて、復旧・復興計画の作業を進めていただいております。これも順調に詰めが進んでいるように思います。これも感謝を申し上げます。

 この1年を振り返りますと、このようなことが思い出されるわけでございますが、その他のことでも、いろいろな進捗がございました。いろいろなことがたくさん進んできているように思いますが、病院については、南和の病院、新県立奈良病院、中和の医大病院、また跡地、まちづくり等々、大いに進捗があったように思います。県の担当の皆さんが努力して、折衝していただいていい形、また、医療について飛躍の年になったように思います。また、観光の面についても、昨年の平城遷都1300年をよく勉強していただいた能力と地元の方との連携ということで、大変いい雰囲気、いいチームができてきたように思います。それらの経験を踏まえた努力が実を結びつつあるというように思いますので、その点も大変心強く思っている次第でございます。

 
 また、今後の奈良の発展に向けて、リニアでございますとか、いろいろな大きな芽が出てくる面がございます。奈良は、大変力がある潜在的な能力がある地域だと思います。県が率先してその力を引き出すということを心がけてまいりましたが、本当に皆さんが率先してその役をしていただいたように思います。県庁の中で、理論を積み重ねてきていただいたことが、これから大いに力になってきて、今後実を結ぶことになると思います。土を耕して、種をまいて、発芽をして芽が出そうなところまできているプロジェクトが結構ございますし、一部は、苗代に入り、一部は既に実を結んでいる面もあると思いますが、これは、県庁の皆様が大変真摯に議論を重ね、細かいことも含め努力をしていただいたからであると思います。

 
 昨年、今年と行事については、両陛下、皇太子殿下のご来県がございましたし、奈良県にとっては大変ありがたいことでございました。来年度は、奈良県の資源、歴史の資源を活かした古事記の年にも入りますし、我々の持っている歴史の意味、地域のこの資源を信じて活用していい県になりますようにと願っております。これまでの皆様の努力は大いに実を結んでいるような実感を受けておりますので、その点についても本当に嬉しく思っております。

 
 来年もこの勢いが続きますようにまた、この新年をいい年でお迎えになりますように、皆様のご多幸、ご精進をご祈念申し上げまして、年末のごあいさつといたします。是非、よい年をお迎えください。また、いい奈良県を創っていきたいと思います。以上です。