「奈良県立美術館+畿央大学アートカード」のご案内

            奈良県立美術館と畿央大学がコラボレーションし

              美術作品の鑑賞学習に適した「アートカード」を制作しました。

              畿央大学にて貸し出しを行っています。御利用下さい。
              

【1】アートカードとは

アートカードとは、美術作品を印刷したカードで、鑑賞学習に使用する教材です。アートカードを使用したゲームを行うことにより、
・美術作品に親しむ
・主体的に見る
・作品のよさや面白さを自分なりに感じ取る
・感じ取ったことを話したり話し合ったりする
といったことに楽しく取り組むことができます。

【2】奈良県立美術館+畿央大学アートカードについて

本アートカードは、奈良県下及び近隣地域の学校や教育機関で活用して頂くことを目的に、奈良県立美術館の協力により畿央大学が作成したものです。同美術館の所蔵の「名所江戸百景」から32点に日本の美術作品、奈良県の風景を扱った作品や奈良出身の作家作品を加えた48枚でできています。作品に表されているものの形や色、イメージなどを検討し、ゲームに取り組みやすいように選んでいます。
カードそのものには題名及び作者名を記載してはおらず、付属のリーフレットですべての作品の題名、作者名及び作成年を記載するとともに、カードを使った一般的なゲームのルールを4種類紹介しています。           
                        

                     アートカードについて・・・   詳しくはこちらをご覧下さい。
            http://www.kio.ac.jp/whats/111019.html

             アートカード

                        奈良県立美術館+畿央大学アートカード