小児慢性特定疾患等、長期療養児に関する相談


 慢性腎疾患、内分泌疾患等の小児慢性特定疾患等は治療が長期にわたり、成長・発育を伴う小児期の家庭や学校での生活に大きな影響を及ぼします。このような長期にわたる療養が必要な児を対象として、家庭での看護や養育、学校生活、福祉制度の紹介等の療育についての相談を行っています。

医療費の補助


 小児慢性特定疾患の医療受給申請、不妊に悩む方への特定治療費助成の申請は保健所が窓口になっています。詳しくは、奈良県保健予防課にお問合せ下さい。
   なお、未熟児養育医療、自立支援医療(育成医療)については、平成25年4月1日から申請先が県保健所よりお住まいの市町村に変更になりました。詳しくは、奈良県保健予防課(医療費等の申請について)をご覧下さい。