作成日:平成20年10月29日
働く女性の応援講座 第1回 開催日:平成20年8月29日(金)

働く女性のためのブラッシュアップ!!

第1回 コミュニケーションのコツ!~仕事で光る”話術と表情”~

講師:村沢祐子氏 キャリアコンサルタント/産業カウンセラー


働く女性が身につけたいスキルとして、多くの人がコミュニケーション能力をあげています。職場でのコミュニケーションが円滑になると、仕事の能率をよくし、モチベーションアップにつながります。毎日の仕事が楽しくなり、かつ、自分の仕事力も磨くコミュニケーション能力…難しいように思われがちですが、意外に簡単なことで好感度が良くなり相手のココロのボルテージも上がると言われています。たとえば、相手の目を見て話す、にこやかな表情、「恐れ入りますが…」などのクッション言葉、「~していただけませんか?」の依頼形の表現…ちょっとしたことで関係づくりの印象がグーンとよくなるのです。

講座では、自分のコミュニケーションのパターンをソーシャルスタイル自己診断スケールを使って調べました。ソーシャルスタイルでは感情的表現度と思考的表現度の組み合わせで、対人関係の持ち方を4つのタイプ(理論派・行動派・感覚派・協調派)に分けます。自分の傾向を知ったうえで、『予定がある日の退社直前に、上司から残業を頼まれたら…』と、実際にありそうな葛藤場面を想定して、どのように対応すればよいかをタイプ別にグループに分かれて考えました。

次に学んだ、アサーションは、相手の気持ちを尊重しながら自分の意向を伝えるコミュニケーションの方法です。ストレスの軽減にもなり、交渉力もアップするそうです。ぜひ、使えるようになりたいですね。

とはいえ、お得意様や上司など、立場や力関係があるなかでは、なかなか自分の意見やNoが言いにくく、悩んでいる方も多いのでは?頭でわかっていても、いざ使うとなるとうまくいかないことも働く現場ではあるでしょうね。それを察してか、講師から「そう言っている私も時と場合によっては出来ないこともあります。でも、案ずるより上手くいくこともあるので、ぜひ活用してください」と言葉を頂き、ほっとしました。

早速、身近な場面で使ってみたいものです。 

 

 

 

 

参加者の声(アンケートより)
● Noということ、対立することもビジネススキルのひとつだということが参考になりました。

● どんなに資格や仕事の能力が問われる時代であっても、コミュニケーションが重要なんだと思いました。

● クッション言葉や表情でコミュニケーションが図れると思うので実践します。

 


講師は村沢祐子氏

▲講座・イベントTOPへ

▲はたらく女性応援サイトならTOPへ

 

お問い合わせ

女性センター
〒 630-8216奈良市東向南町6
女性センターTEL : 0742-27-2300