平成27年3月22日(日)、吉野郡川上村迫地内の「やまぶきホール」と「ホテル杉の湯」を結ぶ遊歩道で「第34回全国豊かな海づくり大会~やまと~」御製碑除幕式及び記念植樹を実施し、関係者約60名に御出席いただきました。

~ 除 幕 式 ~

 

 

   

奥田奈良県副知事、栗山川上村長からご挨拶をいただきました。

 

 土井 一成氏(川上村在住 書家)に
御製碑の御製を揮毫していただきました。
 
 
   除幕(写真右から)
   ○岡下大淀町長
   ○栗山川上村長
   ○奥田奈良県副知事
   ○土井 一成氏
   ○せんとくん  

 

   

 

一斉にヒモを引き、遂に御製碑のお披露目です!!
御製碑設置場所からは、おおたき龍神湖の
放流・歓迎行事会場となった場所を見渡すことが出来ます。


 

御製碑の主体部分に奈良県産吉野川石、碑文板に国内産大島石を使用しています。
また、副碑は花崗岩、周囲の石は奈良県産吉野川石を使用しています。 



 

◆御 製
 若きあまごと 卵もつあゆを 放ちけり 山間(やまあひ)深き 青き湖(うみ)辺に

◆副 碑
 平成二十六年、十一月十六日、天皇皇后両陛下の御臨席を仰ぎ、第三十四回全国豊かな海づくり大会~やまと~が開催されました。
 大会では、両陛下がおおたき龍神湖へアマゴの稚魚とアユの親魚を御放流になりました。この御製は、天皇陛下がその情景を詠まれたものです。
 この碑は、「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」をテーマに、豊かな海の源である山と川の役割を確認するこの大会の開催意義を末永く後世に伝えるとともに奈良の豊かな森林が守り続けられることを願い建立しました。



~ 記 念 植 樹 ~

  御製碑除幕式に続き、第34回全国豊かな海づくり大会~やまと~の開催を記念しての記念植樹と、
公益社団法人国土緑化推進機構が天皇陛下から賜った御下賜金(ごかしきん)による記念植樹を行いました。

 
植樹(写真右から)
○春増川上村議会議長
○栗山川上村長
○奥田奈良県副知事
○岡下大淀町長


 

植樹を行った樹種は、しだれ桜です。

   

この2本のしだれ桜が、毎年春を迎える度に綺麗な花を付けてくれることと思います。

今回、川上村の遊歩道に新たな名所が2箇所誕生しました。
川上村へお越しの際は、是非お立ち寄りください。