まほろば歌広場

 

 

(写真提供:奈良市観光協会)

一万を越えるろうそくの灯りで彩る「なら燈花会」。
夏の古都奈良にろうそくの花が咲きます。


 
残照に 揺るぐ万燈 古都の夏 いにしへの風 今に触ればふ
榊原(さかきばら) 万寿子(ますこ)さん/70代・主婦・河合町
【選評】 「いにしへの風」を感じ親しむ感性は燈花会なればこそであろう。共感できる。

あをによし 奈良の都の 燈花会よ いくさなき世の 夜に咲く花
増田(ますだ) 裕嗣(ひろつぐ)さん/60代・無職・河合町
【選評】 燈花会の灯りを夜の花と見ている根底には、平和への感謝と願いがこもる。


幻想の 世界に迷い 込む夏や 灯り織りなす 奈良の燈花会

松本(まつもと) 悦子(えつこ)さん/60代・主婦・川西町

 

古都の夜に 万あまりなる ほのあかり ゆらゆら時が やさしく流る

鈴木(すずき) 亜希子(あきこ)さん/30代・主婦・天理市

 

天と地と 過去と未来を 結ぶ灯を 一人ひとりが 永久に続けん

喜多(きた) 美津江(みつえ)さん/70代・主婦・桜井市

 

ろうそくの 万の火影に 顕(た)ちたるは 亡き父母(ちちはは)かと 両掌合わしぬ

くにこさん/70代・主婦・田原本町


公園に 無数の祈りの あかり揺れ 盛夏の夕べ 古都はにぎわう
鹿の子さん/60代・主婦・大和郡山市
 

多数のご応募ありがとうございました。
【応募総数 65首】今回の選者 現代短歌協会の筒井早苗さん
 
 
12月号の募集 
 写真をお題として設定し奈良らしい短歌を募集。皆さんから寄せられた短歌の中から、7作品を選定し、本誌に掲載します。特に「おみごと!」な作品には、「奈良の木コースター」をプレゼント。

12月号のお題

『年末行事』
師走の12月は、一年の無事に感謝し、幸せ多い新年を迎えるための年末行事が、県内各地で行われます。(写真は薬師寺のお身拭い)。

【募集ルール】
◆5・7・5・7・7の31文字
◆文語・口語を問いません
◆応募数は1人につき1作品
◆未発表のオリジナル作品 など
申し込み  郵送かFAX、Eメール、電子申請で短歌作品・住所・氏名(ふりがな)・年齢・職業か学年・電話番号を下記へ。発表の際、匿名を希望される人は、その旨明記。10/20必着。
問い合わせ 県広報広聴課
TEL 0742・27・8326 
FAX 0742・22・6904
koho2@office.pref.nara.lg.jp
www.pref.nara.jp/38579.htm

 
 
※「県民だより奈良」は県内の各家庭にお届けしています。
 市町村窓口、県の施設、コンビニエンスストアにも配置しています。
※点字と声による「県民だより奈良」も発行していますので、必要な方は県広報広聴課へご連絡ください。
 県では、経費削減のために、「県民だより奈良」の裏表紙に有料広告を掲載しています。
 広告の申込・お問い合わせは、株式会社ホープ(TEL:092-716-1404)まで

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100

ナラプラスバナー
   ↑
スマホアプリ「ナラプラス」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら

マチイロロゴ画像
   ↑
スマホアプリ「マチイロ」でも電子書籍版がご覧になれます。
詳しくはこちら