平成29年7月19日に中和保健所が収去した「空芯菜(エンサイ)」について、7月25日に食品衛生法の残留農薬基準を超えるトルフェンピラド(殺虫剤):0.1ppm(基準値:0.01ppm)が検出されました。
 直ちに販売業者に対しては、当該生産者の「空芯菜(エンサイ)」の流通を防止するよう指導しました。また、生産農家に対し、立入調査を行い、農薬の適正使用や自主検査による安全確認後の出荷等について指導しました。
 販売業者においては、直ちに自主回収や流通の自粛を開始しています。
 今回違反のあった「空芯菜(エンサイ)」については、通常の食生活において食べる量では、健康に影響を及ぼす恐れはありません。 

報道資料はコチラ (pdf 65KB)