棚田の役割

耕作され、きちんと管理されている棚田は様々な機能を発揮します。

◇災害(洪水、土砂崩壊、土砂流出)の防止◇
大雨が降ったとき、管理された棚田はダムの役割を果たして水を貯留します。
また、雨水が地中にゆっくり浸透するので、土砂災害防止の役割も発揮されます。


◇水源の涵養(かんよう)◇
棚田に貯留されゆっくり浸透した雨水は長い時間を経てきれいな地下水となり、
飲み水として利用できるようになります。


◇美しい景観の創出◇
その地域独特の地形からおりなされる棚田の美しい景観は、
四季折々姿を変え、わたしたちに心の安らぎとぬくもりを与えてくれます。


◇社会教育の場◇
棚田は都市部の子供たちに農作業など非日常的な体験の機会を提供し、
普段目にすることのない豊かな自然環境にすむ動植物と触れあうことができます。
お問い合わせ 農村振興課 (~平成23年3月31日 耕地課)
〒630-8501 奈良市登大路町30
お問い合わせフォームはこちら
 FAX:0742-24-5179  

企画係     (庶務・工事等の契約に関すること、土地改良区に関すること・

         企画調整に関すること) 

 TEL:0742-27-7452
農村地域づくり係(都市と農村の交流・農村の活性化及び日本型直接支払制度に関すること)   TEL:0742-27-7453
農地環境整備係 (県営事業、団体営事業、換地業務に関すること)
水利防災対策係 (ため池等水利施設、災害復旧に関すること)
 TEL:0742-27-7459
検査・管理係  (土地改良施設の管理・用地に関すること、検査に関すること)   TEL:0742-27-7463