管理者:水資源機構

  

  室生ダムは、宇陀市室生区大野に位置し、洪水調節、河川維持用水の補給、上水道用水の供給を目的として
 昭和49年に完成した重力式コンクリートダムです。
 

1.洪水調節




 室生ダム地点の計画高水流量1,100m3/sのうち、800m3/sの洪水調節を行います。



2.河川維持用水




 宇陀川沿岸の既成農地348haに対し、かんがい用水を下流鹿高井堰地点において5月16日から9月15日までは最大2.300m3/sを、9月16日から9月30日までは最大1.000m3/sを、その他の期間は最大7.000m3/sを確保するための補給等、既得取水の安定化および河川環境の保全等のための流水を確保します。



3.上水道用水




 奈良県の水道用水として、貯水池から初瀬水路を経て、4月16日から10月15日までは最大1.600m3/sを、その他の期間は、1.200m3/sを供給します。



  河川名    淀川水系 宇陀川

  位置    左岸:奈良県宇陀市室生区大野

   右岸:奈良県宇陀市室生区大野



  型式    重力式
       コンクリートダム
  湛水面積

105

ha



  堤高

63.5

m

  総貯水容量

16,900,000

m3



  堤頂長

175

m

  有効貯水容量

14,300,000

m3



  堤体積

153,000

m3

  着工/竣工

      1966/1973




  流域面積

169

km2