活動日誌

活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2011年6月」で絞込み
 第7回世界ユース陸上競技選手権大会日本代表に選ばれた塚本和也選手(県立平城高等学校)がお見えになりました。
 今年5月の県陸上競技選手権大会(100メートル)で自己最高・大会新記録(10秒47)、全国高校総体近畿地区予選(10秒54)で優勝されました。 
 来月6日~10日までフランスのリールで開催される大会では、日本代表として、自信と誇りを胸に、これまでの練習の成果を存分に発揮していただきたいと思います。

2011年6月23日

 プロサイクリングチーム「シエルヴォ奈良」のマネージャー、監督、選手がお見えになりました。
 「シエルヴォ奈良」は平成21年12月に発足した県内唯一のプロサイクリングチームで、ジャパンプロツアーに参戦し、チームランキング5位、個人ランキング1位(澤田賢匠選手)の成績を収めておられます。(5月29日「ツールド熊野」終了時) 
 県内にプロサイクリングチームが誕生したことは、非常に誇らしいことであり、引き続き、自転車で県内を自由に走れる環境を整えてまいりたいと思います。 
 *シエルヴォは、スペイン語で「牡鹿」の意味

2011年6月23日

 本年4月29日付けをもって発令されました平成23年春の叙勲・褒章及び第16回危険業務従事者叙勲の受章者に対する知事伝達式を県庁第一会議室にて行いました。
 地方自治、福祉、医療、消防関係のそれぞれの分野において、長年、社会の発展に貢献され、築きあげてこられた功績に対し敬意を表し、勲章や褒章等を伝達しました。 
 今回は、叙勲21名(総務省・地方自治関係7名、厚生労働省・厚生関係4名、消防庁5名、危険業務・消防関係5名)と褒章3名(消防庁関係3名)の24名の方々が、勲章・褒章の伝達を受けられました。  
 今後も健康に留意され、皆さまの経験や知識を生かして各分野の発展のため、さらに活躍をいただきますよう心からお祝いを申し上げました。

2011年6月23日

 奈良市の県新公会堂において、第4回奈良県ビジネス大賞表彰式を開催しました。     
 奈良県ビジネス大賞は、独自の経営理念、技術、製品、サービスやノウハウを活かしたビジネスにより、優秀な経営実績をおさめている企業を表彰するもので、最優秀賞1社、優秀賞5社に表彰状を授与しました。 
 表彰式に引き続き、第3回奈良県経済活性化セミナーを開催しました。東京から株式会社小松製作所(コマツ)取締役会長の坂根正弘氏をお招きし、「コマツの経営構造改革-強みを磨き、弱みを改革-」と題して、トップリーダーのあり方やダントツ経営を合い言葉にどのようにV字回復を達成したのかなどについて講演をいただきました。約300名の参加者が熱心に聞き入りました。
 *最優秀賞(1社)  ヨシリツ株式会社  
   優秀賞 (5社)  株式会社WiLL
              株式会社クレコス
              第一化工株式会社
              奈良日化サービス株式会社
              株式会社奈良ロイヤルホテル

2011年6月20日

 奈良県と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都)は、ICT(情報通信技術)を活用して地域の活性化を図るため、「地域活性化協働プログラム」に関する覚書を締結しました。 
 両者が協働してICT(情報通信技術)の利用を促進し、NPOの基盤強化、シニア等のICT活用推進、セキュリティ啓発、教育分野人材育成、医療機関関係者向けの支援を行うなど、地域の活性化と豊かな暮らしやすい地域づくりを目指します。 
 締結式の後、登大路ホテルにて、第6回ふるさとカフェを開催し、日本マイクロソフト株式会社代表執行役社長樋口泰行氏と対談しました。 樋口社長は小・中・高校生の時、奈良で過ごされました。「奈良への思い」や「奈良の今、これから」について、ビジネスのことや個人的なことも交えながら語っていただきました。 
 今回締結したプログラムをはじめ、今後も「ふるさと奈良」のために役立つことを考え続けたいと話しておられました。

2011年6月13日

 奈良市の県文化会館において、県立ジュニアオーケストラの結成式を行いました。 
 県では、一流の音楽家の指導のもと、未来のトップアーティストの人材育成に取り組むため、全国初の県立ジュニアオーケストラを結成しました。
 音楽監督として梅沢和人氏 (前 大阪フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、現 桐朋学園大学音楽部非常勤講師)をお招きし、月3~4回、県文化会館において、梅沢先生から直接指導をしていただきます。 
 今後、県内の小学2年生から高校3年生までの約40名の楽団員が、県内各地で活動する予定です。奈良らしい舞台で、やさしい音色で皆さんの心を癒せる活動をしてまいりたいと思います。

2011年6月12日

 株式会社サークルKサンクスと奈良県は、昨年7月26日に県民の安全・安心の向上と地域社会の活性化を図ることを目的とする包括的相互協力協定を締結しました。 
 今回その一環として、県と株式会社サークルKサンクス、「ヘルスチーム菜良(なら)」(県内の4大学・近畿大学、畿央大学、帝塚山大学、奈良女子大学の学生が健康づくりの支援活動するサークル)が、「地産の活用」と「健康」をテーマに商品を共同開発して販売することとなりました。 
 多くの野菜と奈良県産のお米を使ったお弁当、大和ポークを使ったおにぎり、奈良県産米粉やブルーベリーを使ったパンプキンパイ、パイシューで学生のアイデアが詰まった商品となっています。 
 今後も株式会社サークルKサンクス、「ヘルスチーム菜良(なら)」と連携を図りながら、正しい栄養・食生活の知識の普及や生活習慣病予防など、さまざまな場面において、県民の健康づくりを進めてまいります。

2011年6月6日

 環境基本法において、6月5日は「環境の日」と定められ、6月は「環境月間」とされており、毎年「環境パトロール」、「『環境の日』街頭キャンペーン」を実施しています。今年も県・市町村・警察・ボランティア団体が参加して出発式を行いました。 
 県では、歴史的風土や豊かな自然環境の保全、これらと調和した都市景観の創出などに取り組んでおり、「環境パトロール」「街頭キャンペーン」を通して県民のみなさんの環境保全に関する意識の高揚を図ってまいります。 
 また、このたびの東日本大震災においては、非常に広範囲で甚大な被害が発生しました。被災地においては、復旧・復興に向けた動きのなかで、がれき等災害廃棄物の処理も大きな問題になっており、関係機関との連携のもと被災地からの要請にできる限り応えてまいりたいと思います。

2011年6月6日

 奈良県立美術館と国立大学法人奈良女子大学は、双方の学術の発展と博物館活動の活性化や教育研究活動の円滑な実施を図ることを目的に「連携協力に関する協定」を締結しました。 
 双方の研究活動の活性化を図るため、学芸員と教員の共同研究や共同調査を実施するほか、美術館の教育普及活動・広報への協力、大学の授業・人材教育への協力など、継続的な交流・協力を通して連携を深めてまいります。

2011年6月2日