活動日誌

活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2012年5月」で絞込み
 鳥取県伯耆町の大山ロイヤルホテルで第92回近畿ブロック知事会議が開催されました。この会議は、近畿2府4県と鳥取県、徳島県、三重県、福井県の10府県で構成され、今回は私が会長を務めさせていただきました。 
 会議では、東日本大震災を踏まえ、災害に強い地域づくりなどについて討議し、知事会として国に働きかけていくことなどを決めました。 
 また、奈良県からは「東アジア地域との連携促進」として、当県が主催する「東アジア地方政府会合」及び「東アジアサマースクール」への参加を呼びかけましたところ、新たに2府県の知事から参加の意向を表明していただきました。  

議事内容  
 ○東日本大震災を経験して   
  ・災害に強い地域づくり など

 ○文化事業等の推進   
  ・東アジア地域との連携促進 など  

 ○その他   
  ・「子ども・子育て新システム」に関する国への提案 など

2012年5月30日

 橿原市の県立橿原公苑陸上競技場において、第12回奈良県障害者スポーツ大会陸上競技会を開催しました。 
 「奈良県障害者スポーツ大会」は、スポーツを通じて県民の障害者に対する理解を深め、障害者の社会参加を推進することを目的に毎年4~6月に実施していますが、その中でもこの陸上競技会は、出場者数が最も多い大会です。 
 晴天に恵まれ、県内各地から選手をはじめ、ご家族、ボランティアの方々など約1,000名の方にご参加いただき、障害の程度や年齢区分毎に、熱心に競技に参加する姿に多くの人が感動しました。 
 各競技で好記録が続出し、未公認記録ながら、走り高跳びで日本新記録(183センチ)も記録され、10月に岐阜県で開催される「全国障害者スポーツ大会」でも好成績が期待されます。 
 大会運営には、県内の競技団体や高校生、ボランティアなど多くの方々が献身的に関わっていただき心より感謝いたしますとともに、選手やご家族の皆さんにとっても心に残る素晴らしい大会になったことと思います。

2012年5月27日

 自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク「第2回新たな国づくり税制調査会」が、福井市内のホテルで開催され、出席しました。 
 同ネットワークは、青森県、山形県、石川県、福井県、山梨県、長野県、三重県、鳥取県、島根県、高知県、熊本県、奈良県の12県で構成され、25日の税制調査会では、国税や地方税を含め、中長期的な視点で取り組むべき課題への処方箋として、3つの柱に沿って税制案を協議し、16項目の「新たな国づくりのための税制」を取りまとめました。


○税制案の3つの柱
 1 産業の空洞化防止および少子高齢化問題の解決

 2 地方の資源を活かし、我が国の環境・エネルギー
   問題を解決

 3 地方の特色ある政策を実現する仕組みづくり

2012年5月25日

 国土地理院及び本県が保有する地理空間情報等を相互活用し、情報技術の提供に関して連携を強化することにより、地図活用の利便性の向上や大規模災害時の迅速な復旧・復興を目指すため、国土地理院との「地理空間情報の活用促進のための協力に関する協定」を締結しました。 
 災害対応、防災訓練等において、情報の共有を図り、迅速かつ効果的な防災・減災を推進するほか、災害発生時に国土地理院から被災後の空中写真等の提供を受け、早急な被害状況の把握と応急復旧に活用することが可能となります。 
 今後、相互の連携・協力を強化し、安全安心な地域社会づくりを目指してまいります。

2012年5月22日

 奈良市の県新公会堂で、“日本の未来”応援会議 ~小さな企業が日本を変える~が開催され、出席しました。 
 この会議は、経済産業省、中小企業庁が、日本の経済を支える中小・小規模企業の経営力・活力の向上に向けた議論を行うために設置しているものです。
 当日は、柳澤光美経済産業副大臣をはじめ、鈴木正徳中小企業庁長官らが参加し、県内の産業を支える若手の中小企業経営者や一般参加者から現場の生の声を聞きました。この会議で出された意見を、今後の国の産業振興施策に活かしていただけることを期待しています。 
 県においても、県内でがんばる中小企業を応援するため、製品の高付加価値化、自社ブランド化への支援や国内外への販路拡大の支援に取り組んでまいります。

2012年5月20日

 大和高田市のさざんかホールにおいて、奈良県・市町村長サミットを開催しました。
 今年度第1回「奈良モデル」検討会では、史跡等整備活用検討会議と安定的な一般廃棄物処理の継続について、作業部会の検討状況を報告したほか、検討課題として、市町村税の税収強化、水道運営の連携、図書館管理運営の連携、市町村国民健康保険のあり方、市町村公営住宅等の管理の共同化の提案を行いました。 
 また、権限移譲に関する検討の場の設置についても報告し、意見交換を行いました。 
 市町村が抱える様々な課題の解決に向け、今後とも引き続き、県と市町村が協働して取り組んでまいります。

2012年5月16日

 橿原市内のホテルにおいて、全国水平社創立90周年、大和同志会創立100周年記念レセプションが開催され、出席しました。 
 今から90年前、全国水平社が創立され、日本で最初の人権宣言といわれる水平社宣言が読み上げられました。 
 部落解放同盟奈良県連合会では、これまでの長きにわたり同和問題をはじめとするあらゆる差別の撤廃と人権確立に取り組んでこられました。現在も県内各地域において同和問題のほか、女性、障害者、高齢者等、あらゆる人権問題の解決に向け、ご尽力いただいております。  
 県におきましても、県民一人ひとりの人権が真に尊重され、自由で平等な社会づくりを推進してまいります。

2012年5月10日

 株式会社日本プロバスケットボールリーグ中野秀光代表取締役社長と奈良にプロバスケットボールチームをつくる会の方々がお見えになりました。 
 「bjリーグ」とは、2005年に発足したプロのバスケットボールリーグで、当初6チームで発足し、現在では、全国に19チームあります。 
 奈良にプロバスケットボールチームをつくる会では、「町を元気に!」という思いで、自分たちが生まれ育った奈良をバスケットを通じて盛り上げていくため、bjリーグへの参入を目指して活動しておられます。

2012年5月8日

 平成24年春の叙勲・褒章及び第18回危険業務従事者叙勲の受章者に対する知事伝達式を県庁第一会議室にて行いました。
 長きにわたり地方自治、福祉、医療、衛生、消防関係のそれぞれの分野において社会の発展に貢献され、築きあげてこられたご功績に対し敬意を表し、勲章や褒章等を伝達しました。
 今回は、叙勲28名(総務省・地方自治関係8名、厚生労働省・厚生関係4名、消防庁関係12名、危険業務・消防関係4名)と褒章4名(消防庁関係4名)の計32名の方々が受章されました。
 今後もご健康に留意されますとともに、皆さまの経験や知識を生かして各分野の発展のため、さらにご活躍をいただきますよう心からお祝いを申し上げました。

2012年5月1日