活動日誌

活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2012年11月」で絞込み
 奈良県への企業立地を促進するため、県の立地環境の魅力等を紹介する「奈良県企業立地セミナー」を東京都内のホテルで開催しました。 
 東京で開催するのは昨年に引き続き2回目で、本社の多く集まる首都圏の企業を対象に行いました。  
 本セミナーでは、本県とゆかりの深い積水化学工業株式会社の根岸修史代表取締役社長に「積水化学グループの目指すプレミアムカンパニー」と題して、ご講演をいただきました。
 また、私から本県の優れた立地環境などについて説明した後、創業当初から奈良の地で事業展開いただいている根岸社長と対談をしました。120名を超える多数の皆さまにご参加いただき、奈良で事業展開する有望性について強くアピールすることができました。 
 今後も今回のような活動を通じて、企業立地を促進し、地域経済の活性化につながるよう取り組んでまいります。

2012年11月29日

 橿原市のかしはら万葉ホールにおいて、奈良県・市町村長サミットを開催しました。
 このサミットは、各市町村が抱える様々な課題について市町村長と定期的に意見交換を行っているものです。 
 今回は、早稲田大学理工学術院教授佐藤滋氏に「まちづくり市民事業による地域マネジメント」、大分県豊後高田市長永松博文氏には「豊後高田市の昭和の町でのまちおこし」と題してご講演いただきました。 
 いずれの講演もまちづくりに関する具体的な事例に基づく内容であり、今後の奈良県内でのまちづくりにとって大変有意義な講演でした。 
 その後、県から、リニア中央新幹線に関する意見照会結果について報告させていただきました。

2012年11月27日

 12月4日から7日まで、愛知県一宮市で開催される第2回全国ママさんバレーボール冬季大会に出場される「生駒ベレッツァネオ」の皆さんがお見えになりました。 
 日頃の練習の成果が実を結び、今年7月に三重県伊勢市で開催された第43回全国ママさんバレーボール大会には、姉妹チームである「生駒ベレッツァ」が出場され、喜びもひとしおかと思います。 
 大会では、大きな声援をバックに落ち着いてプレーされますとともに、健康に留意され、ベストコンディションで好成績を目指して頑張っていただきたいと思います。

2012年11月26日

 宮崎県主催の「古事記編さん1300年記念シンポジウム~『古事記』三大聖地の魅力を探る~」が東京都内で開催され、出席しました。 
 日本最古の歴史書である古事記編さんから今年で1300年の節目を迎え、古事記に最もゆかりの深い宮崎県、島根県の知事と私で、三大聖地ともいわれている各県の古事記ゆかりの祭礼や古事記に関連した地域の伝承など、それぞれの県がもつ魅力を紹介しました。 
 本県においても、古事記、日本書紀、万葉集に代表される歴史素材を活用した施策を効果的に展開し、“本物の古代と出会い、本物を楽しめる奈良”を実現していくための取組みとして「記紀・万葉プロジェクト」を推進しており、今後とも本県特有の魅力を発信してまいりたいと思います。 

2012年11月24日

2012年11月17日 第9回ふるさとカフェ

 奈良にゆかりのある著名人をお招きして「ふるさとカフェ」を開催しました。 
 9回目となる今回は、第79代内閣総理大臣の細川護熙さんをゲストにお迎えしました。 
 細川さんは、政界引退を機に、奈良市在住の陶芸家のもとで陶芸を学ばれ、現在は作陶のほか、書、水墨、漆芸なども手がけられる一方で、一般財団法人瓦礫を活かす森の長城プロジェクトの理事長としても活躍されています。
 当日は、奈良とのゆかりや最近の文化活動、奈良のこれからについて語っていただきました。


*政策推進課「ふるさとカフェ」のホームページで動画配信を予定しています。

2012年11月17日

2012年11月10日 首都圏トップセールス

 首都圏流通の要である東京都の大田市場、築地市場において、「奈良の柿」と「大和野菜」のトップセールスを行いました。
 大田市場では、奈良県の柿の市場出荷額の約2割を取り扱っていただいている東京青果株式会社において、仲買人の皆さん約200人にこれから最盛期を迎える「富有柿」を宣伝し、試食会でも好評を得ました。 
 役員との意見交換会では「マーケットで認められるには、高品質で個性ある物を計画的に安定供給することが大事で、良くない物はださないようにすることが重要である。」と大変参考になるお話しを伺いました。 
 また、築地市場では、今年度から大和野菜の首都圏での販路開拓に取り組んでいますが、その窓口となって頂いている東京シティ青果株式会社との意見交換会を実施し、大和野菜の取り扱いと販路拡大をお願いしました。
 今後、県産農産物の首都圏での販路拡大に向けて、レストランや料亭へのPR活動を展開するとともに、マーケットの声を生産者に届けることにより、奈良県の農業振興につなげていきたいと考えています。

2012年11月10日

 11月5日・6日の2日間、第3回東アジア地方政府会合を開催しました。 
 本会合は、平城遷都1300年を記念して、県が企画・主催している国際会議で、地方政府の代表が、地域の実情や課題を報告し合い、共通する話題について議論し、相互理解を深めあうことを目的に開催しています。 
 今年度は、地域課題解決に向けて、ベストプラクティスを学ぶ場として、8月と9月に部局長級を対象としたテーマ別会合に続いて、今回、首長級による全体会合を開催し、5か国38地方政府から約200名にご参加いただきました。 
 テーマ別会合では、「社会保障」「税収確保」「地域振興」「人材育成」の4つのテーマで意見交換を行い、各地方政府の取り組み事例なども報告されるなか、同じ課題を共有していることを再認識しました。今後もともに学び合う「学習共同体」となればと思います。

2012年11月6日

 平成24年秋の叙勲・褒章受章者及び第19回危険業務従事者叙勲受章者に対する知事伝達式を県庁第一会議室にて行いました。  
 長きにわたり地方自治、福祉、衛生、消防関係等、それぞれの分野において社会の発展に貢献され、築きあげてこられたご功績に対し敬意を表し、勲章や褒章等を伝達しました。 
 今回は、叙勲24名(総務省・地方自治関係8名、厚生労働省・厚生関係3名、消防庁関係8名、危険業務・消防関係5名)と褒章2名(消防庁関係2名)の26名の方々が勲章・褒章の伝達を受けられました。  
 今後もご健康に留意されますとともに、皆さまの経験や知識を生かして各分野の発展のため、さらにご活躍をいただきますよう心からお祝いを申し上げました。

2012年11月5日