活動日誌

活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2012年12月」で絞込み
 奈良市の県新公会堂において、「古事記出版大賞」表彰式・記念シンポジウムを開催しました。 
 県では、今年から2020年(平成32年)までの9年間、「古事記」「日本書紀」「万葉集」に代表される歴史素材を活用した施策を効果的に展開し、「本物の古代と出会い、本物を楽しめる奈良」を実現していくための取組みとして、「記紀・万葉プロジェクト」を推進しています。 
 「古事記出版大賞」は、古事記完成1300年の記念年にあたる今年、数多くの出版物の中から古事記の魅力をわかりやすく伝える優れた出版物を紹介することにより、古事記という書物がもつ奥深さ、内容の豊かさにふれていただくきっかけとなるように創設しました。 
 古事記出版大賞には、県立図書情報館の千田稔館長が監修した「古事記(別冊太陽 日本のこころ194)」が選ばれました。 
 表彰式の後、「古事記の魅力~古事記が未来に伝えること」と題して5名の受賞者によるシンポジウムを開催し、様々な立場から古事記の魅力や楽しみ方を語っていただきました。  

 *古事記出版大賞「古事記(別冊太陽 日本のこころ194)」平凡社 
 *太安万侶賞「日本を読もう わかる古事記」西日本出版社 
 *稗田阿礼賞「古事記 不思議な1300年史」新人物往来社 
 *しまね古代出雲賞「はじめての日本神話『古事記』を読みとく」筑摩書房 
 *宮崎ひむか賞「古事記 神々の詩」鉱脈社

2012年12月23日

 共同募金運動の推進のための奉仕者として、長年にわたり率先して活動を行い、現在も活動中の社会福祉功労者及び団体に、日頃、地道に取り組んでいただいている活動に感謝の気持ちをお伝えし、個人2名と1団体に表彰状を授与しました。 共同募金は、高齢者や障害者等を対象として行う食事、入浴サービス事業、住民全般を対象として行う各種福祉研修、機材整備資金など、地域福祉推進のために行われる様々な事業への助成に使われています。

2012年12月20日

2012年12月20日 御下賜金伝達式

 御下腸金は、天皇誕生日に際し、社会福祉事業御奨励の思し召しをもって、民間福祉事業に係る事業成績優秀な施設、団体に対して、金一封を下腸されるものです。
 本年度は、社会福祉法人明日香楽園(明日香村)に、下腸されましたので、本日伝達を行いました。明日香楽園は、軽費老人ホーム、デイサービスセンター、ショートスティ等とも連携しながら、利用者が地域において自立した生活を営むことができるよう開設以来、長年にわたり地域の社会福祉に貢献しておられます。

2012年12月20日

 来年1月に三重県で開催される「第18回全日本ユース(U-15)フットサル大会」と東京都の駒沢体育館で開催される「バーモンドカップ第22回全日本フットサル大会」に出場される「アスペガスFC」の皆さんがお見えになりました。 
 U-15と少年の両チームが全国大会出場を果たされ嬉しく思います。U-15は、県大会と関西大会4年連続優勝を成し遂げられ、平成21年度には全国優勝しておられます。3年ぶりの全国制覇を目指して頑張ってきてください。 
 体調には十分注意され、ベストコンディションで日頃の練習の成果を存分に発揮して頑張ってください。

2012年12月14日

 2010年に平城遷都1300年を記念して実施され、今年で3回目となる「奈良マラソン2012」が開催されました。 
 奈良の初冬を彩るスポーツイベントとして、世界遺産にも登録された社寺など、世界に誇るロケーションを味わえるコースが大変人気で、海外を含め全国から約15,000人のランナーにお集まりいただきました。 
 9日のフルマラソンに先立ち前日には、奈良市鴻ノ池陸上競技場を中心とした3キロジョギングコースを封切りに始まりました。 
 フルマラソン当日、厳しい寒さのなか陸上競技場をスタートし、朱雀門前、東大寺や春日大社などの近くを通り、天理市内を折り返して、スタート地点に戻る42.195キロの大和路を駆け抜けました。 
 感動のゴールを目指し、沿道の声援に応えながら快走されている姿はとてもすがすがしく思いました。

2012年12月9日

 第10回奈良県節電協議会が奈良市内で開催され、出席しました。 
 今冬の電力の需給状況は、報道されているとおり、今夏まで見られた逼迫した状況からは一応脱却し、比較的安定している状況にあると予想されていますが、電力の需要が増加する冬を迎えるにあたり、引き続き節電の取組みを進めていく必要があると考えています。 
 前回の協議会において、中長期的な視点で、電気を多く使うライフスタイルから電気をより使わないライフスタイルへ転換していく方針を確認いただき、「節電スタイル推進委員会」を設置して奈良の節電スタイルの検討を行っていくこととなりました。 
 今回は、今冬の電力の需給見通しや電気料金の値上げ申請等についても説明があったほか、冬の節電スタイルの推進について議論しました。 

2012年12月5日