活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2014年8月」で絞込み

2014年8月31日 第1回地域フォーラム

 大和郡山市商工会館において、今年度第1回目の「地域フォーラム」を開催しました。「地域フォーラム」は、県民の方々にとって身近な地域課題の解決につなげることを目的に、昨年度から開催している事業です。
 今回は、「もっと良くなる奈良を目指して」をテーマに開催し、私や大和郡山市、天理市、川西町、三宅町、田原本町の市町長から行政の取組説明を、それぞれの市町からご参加いただいた住民の方々からは意見発表を行っていただき、その後、奈良県立大学の麻生憲一教授を迎え、パネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは、農産物の地産地消やブランド化の推進、継続して農業に取り組める環境づくり、観光情報の発信などについて意見交換を行いました。
 地域の課題解決につなげるため、今回いただいたご意見について十分に検討を加え、有用なものは今後の県施策に生かしていきたいと考えています。


2014年8月28日 「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展記念シンポジウム」

 有楽町朝日ホール(東京都千代田区)において、「語り継ぐココロとコトバ 大古事記展記念シンポジウム」を開催し、出席しました。本シンポジウムは、『古事記』の豊かで奥深い魅力に触れていただくとともに、「大古事記展」(10月18日から12月14日まで奈良県立美術館にて開催)の見どころをご紹介するため開催したものです。
 シンポジウムでは、奈良県立橿原考古学研究所の菅谷所長による基調講演のほか、トークショーでは、マンガ家の里中満智子氏、石上神宮宮司の森正光氏、元朝日新聞編集委員の天野幸弘氏にご出演いただき、『古事記』への思いを語っていただきました。
 「大古事記展」開催まで50日をきり、準備に一層熱が入っています。多くの方にご来場いただき、『古事記』の豊かでおおらかな世界を味わっていただけることを期待しています。


2014年8月25日 第3回奈良県・市町村長サミット

 平成26年度第3回目となる奈良県・市町村長サミットを開催しました。
 今回は、元総務大臣で日本創成会議座長の増田寛也氏をお招きし、「人口減少社会における市町村のあり方」についてご講演いただきました。
 講演では、今後、本格的な人口減少社会に突入していき、特に20歳~39歳の若年女性の減少と大都市圏への若者の流出がその要因としてあげられること、このままでは全国で896の市区町村、県内では26市町村が消滅する可能性があることなどの指摘がありました。また、その対応策として、少子化対策と東京一極集中への対策を同時に進める必要があると述べられました。
 悲観論にとどまることなく、きちんとしたデータに基づき、正しい認識のもとで施策を講じていけば、時間はかかりますが、必ず人口減少を食い止めることができると思います。
 地域の行政を担う立場である県と市町村が協力し、適切な対策を講じ、より住みやすい奈良県となるよう鋭意取り組んでまいる所存です。


2014年8月23日 Fun Fun Carnival Night in Nara

 来県された外国人観光客の皆さんに、旅の目的に合わせたサービスや情報を提供する拠点施設として、旧猿沢荘(奈良市池之町)のリニューアルを検討しています。
 リニューアルに先駆け、日本の夏祭り体験で外国人観光客の方をおもてなしようとするイベント「Fun Fun Carnival Night in Nara」を8月22日~24日の3日間にわたり開催しました。
 来場された皆さんには、盆踊りや浴衣の試着、夜店など日本の夏祭りを体験していただき、フリートークで「奈良を訪れての感想」や「期待するおもてなし」などについてお話を伺いました。いただいたご意見を参考に、外国人観光客の方が奈良での滞在を満喫し、再び奈良を訪れたいと感じていただくきっかけとなる拠点施設としてのあり方を検討してまいります。


2014年8月21日 奈良県高校生議会

 今年で3回目となる奈良県高校生議会が県議会本会議場において開催され、出席しました。
 県内の県立、私立あわせて6校30人が参加され、観光や産業振興、教育など県の政策についての質問や提言をいただきました。
 奈良県の未来を担う高校生の皆さんと一緒に県政について考えることは大変意義深いことと考えます。皆さんからいただいたご意見や提言を今後の県政の参考にさせていただきたいと思います。


2014年8月18日 1日こども知事

 県内の小学5・6年生に知事の仕事を体験してもらう「1日こども知事」を実施しました。4回目となる今年は、115名もの皆さんからご応募いただき、10名の方を任命いたしました。
 任命書を交付したのち、「1日こども知事」に、議会本会議場での就任挨拶、記者会見場で模擬記者会見、スポーツ振興への取り組み及び今秋開催する全国豊かな海づくり大会の概要説明、せんとくんとの交流などを体験していただきました。
 今回の体験が、奈良県への愛着と県政への興味を深めていただくきっかけとなればと思います。


2014年8月17日 第4回東アジア・サマースクール2014開講式


               





        





 東アジア・サマースクール2014の開講式を春日野荘で開催し、出席しました。
 今回は、日本、中国、韓国、ベトナムの各国からと日本に留学中のインドの学生の参加も加えた計44名が参加し、約2週間にわたり歴史や文化、政治、経済などの講義の他、唐招提寺や橿原考古学研究所への視察研修、ホームビジットによる市民との交流体験などを通じて、相互理解を深めていく予定です。
 本サマースクールでのグローバルな出会いをきっかけに、相互の交流を深めていただき、将来にわたりグローバルにご活躍いただくことを期待しています。


2014年8月7日 智辯学園高等学校野球部の皆さんが来庁されました

 8月9日から甲子園球場(西宮市)で開催される第96回全国高等学校野球選手権大会に奈良県代表として出場される智辯学園高等学校野球部の皆さんが、藤田理事長をはじめとする関係者の皆さんと共に県庁を訪問してくださいました。 
 夏の甲子園出場は、3年ぶり17回目となります。奈良大会の5試合で5本塁打、48得点をたたき出した強力打線が持ち味のチームです。
 「甲子園」の晴れ舞台では、自らを信じて、これまで培ってきた力と技を存分に発揮し、大いに活躍されますことを期待しています。


2014年8月5日 野迫川北股地区復旧記念式典

 野迫川村北股区で開催された野迫川北股地区復旧記念式典「復興への誓い」に出席しまし。
 北股地区では、7月1日に避難指示が解除されました。復興住宅も完成し、非難されていた全世帯が自宅または復興住宅へと帰宅されました。3年近くにも及んだ避難生活を、地域の皆様が一体となって乗り越えてこられ、この日を迎えられたことに心より敬意を表します。
 県といたしましても村や地域の皆様と一体となって交流や定住の取組を推進し、今後も希望を持って住み続けることができる地域となりますよう、全力で取り組んで参ります。


2014年8月4日 平成26年度奈良県献血功績者表彰式

 平成26年度奈良献血功績表彰式において、7月10日に愛知県で開催された「第50回献血運動推進全国大会」で贈呈された厚生労働大臣表彰状を1団体に、感謝状を7団体に伝達しました。
 また、奈良県献血推協議の会長として献血事業の推進に功績のあった5団体に表彰状を8団体に感謝状を贈呈するとともに、「愛の血液助け合い運動」期間行事の一環として募集した「献血運動啓発ポスター」特選1名、入選4名に賞状を贈呈し、日頃から献血事業に積極的にご協力をいただいていることに感謝を申し上げました。
 県では7月1日から8月31日まで2ヶ月間、県内各地で街頭献血キャンペーンを実施しています。夏は血液が不足する期間であり、いつでも血液を必要とされている患者さんにお届けできるよう皆様にご協力を呼びかけています。
 
*献血運動啓発ポスター 入賞作品展示特選1点、入選4点、佳作15点を展示します。
 ・8月8日(金)~13日(水)
 イオン橿原(3F)店補「スポーツオーソリティ」前
 ・8月22日(金)~28日(木)
  ならファミリー(1F)らくだ広場


2014年8月2日 環境を考えるシンポジウム

 8月2日、新公会堂において、奈良県「環境を考える」シンポジウムを開催し、出席しました。
 本県では、「もっときれいな奈良県」をテーマに、日本一きれいな県を目指した施策を展開していくことを予定しています。本シンポジウムでは、「奈良県環境保全功労賞」受賞団体を表彰し、環境保全に関する日頃の活動に対し、感謝の意をお伝えしました。また、講演とパネルディスカッションを通じて、「地球に優しい暮らし」「きれいに暮らす奈良県スタイル」について会場にご参加の皆さんと共に考える機会としました。
 今後とも「住んで良し、訪れて良しのもっときれいな奈良県」を目指して、環境行政へのご支援とご協力をお願いします。