活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2015年6月」で絞込み

2015年6月27日 なら食と農の魅力創造シンポジウムを開催しました

 「なら食と農の魅力創造シンポジウム」を奈良春日野国際フォーラム甍にて開催しました。
 平成28年4月に開校する「なら食と農の魅力創造国際大学校」(通称NAFIC:ナフィック)校内のオーベルジュ「オーベルジュ・ド・ぷれざんす 桜井」を運営いただく株式会社ひらまつの平松博利社長との対談、山形大学江頭宏昌教授による在来野菜で地域活性化に取り組まれている山形県の事例紹介、奈良県における「食」と「農」の魅力づくりに関するパネルディスカッションを行いました。
 ナフィックにおける「食の担い手」と「農の担い手」の養成を通じ、奈良県における「食」と「農」の連接を通じた地方創生に取り組んでまいります。


2015年6月20日 「沖縄のウタと芸能 夏至の宴」を開催しました

 ムジークフェストなら2015「沖縄のウタと芸能 夏至の宴」を、20日、21日の2日間にわたり、奈良公園・春日野園地にて開催しました。
 沖縄音楽の素晴らしさは、演奏者と観客が一体となって音楽を楽しむところにあると思います。奈良と沖縄には文化の共通項も多く、このイベントを通じてより一層の文化交流が図られることを期待します。


2015年6月18日 ママさんバレー全国大会出場チームの皆さんが来庁されました

 宮城県で開催される第46回全国ママさんバレーボール大会に奈良県代表として出場される橿原市のチーム「JUNO」の皆さんがお見えになりました。
 8月に開催される全国大会では、日頃の練習の成果を充分に発揮され、はつらつとプレーされますとともに、全国の仲間との交流も深めていただけるよう期待します。


2015年6月15日 ムジークフェストなら2015ステージカー出発式を行いました

 4回目の開催を迎える「ムジークフェストなら」ですが、今回初めての企画として、ステージカーによる出前コンサートを実施します。本日そのステージカーの出発式を行いました。
 ステージに早変わりするトラックで県内各地の市町村に赴き、地域の方々に上質な音楽をお届けします。出前コンサートを通じて、より多くの皆様にムジークフェストならの魅力を感じていただきたいと期待しています。


2015年6月13日 県立美術館「田中一光 美の軌跡」開会式を行いました

 奈良らしい文化芸術の創造と発展を目指し、県立美術館では観覧者目線によるわかりやすい、見やすい、質の高い展覧会を企画し、開催しています。
 今回の展覧会では、奈良市出身で世界的に高く評価されているグラフィックデザインの巨匠田中一光氏の作品を紹介しており、連綿と受け継がれてきた日本文化の伝統美を味わっていただくことができます。また、美術と音楽のコラボレーションを味わっていただこうと開催中の「ムジークフェストなら2015」と連携したコンサートも予定しています。(展覧会は、7月20日(月・祝)まで開催)
 あわせて、宇陀市との連携展示として、県内唯一の現代アートのフィールドミュージアムである「室生山上公園芸術の森」を紹介する展示を1階ギャラリーにて行っていますので、是非ご覧いただきたいと思います。より多くの方に訪れていただき、楽しんでいただけますよう期待します。


2015年6月11日 第1回奈良県・市町村長サミットを開催しました

 平成27年度第1回目の奈良県・市町村長サミットを天川村で開催し、出席しました。
 今回は、県と市町村が連携・協働して行政課題に取り組む「奈良モデル」の取組状況を説明するとともに、今年度重点的に進めて行く「連携協定によるまちづくり」「地域医療ビジョンの策定に向けた連携」「教育行政に係る市町村連携の推進」について報告をし、意見交換を行いました。
 県の役割は、住民に最も身近な行政サービスを提供する市町村を応援するため、積極的調整し、イニシアティブを発揮して支援を行うことと考えております。
 今後も引き続き、「奈良モデル」の具体の成功事例を積み上げ、市町村への支援を進めてまいります。


2015年6月10日 奈良県環境保全功労賞表彰式を行いました

 平成27年度奈良県環境保全功労賞の表彰式を知事室にて行いました。
 この賞は、環境保全に関する活動において、特に顕著な功績のあった個人・団体・事業所の功績をたたえるもので、今年度は、環境教育や里山の維持管理などに取り組まれている3団体を表彰しました。
 皆さんのご活動に敬意を表しますと共に、このような活動を通じて、より多くの方々が環境保全への関心と理解を深めていただきますことを期待します。
 
<受賞者>
 ○NPO法人エコ葛城市民ネットワーク(葛城市)
 ○奈良県立御所実業高等学校環境緑地科 生物多様性の保全研究班(御所市)
 ○虫いっぱいの里山づくり隊(橿原市)


2015年6月9日 平成27年度環境パトロール・「環境の日」街頭キャンペーン出発式

 環境パトロール及び「環境の日」街頭キャンペーンの出発式を、県庁東棟下で行いました。
 環境基本法で6月5日は「環境の日」、そして6月は「環境月間」と定められています。そこで、広く県民の皆様に環境保全についてアピールしようと、市町村や県警察、関係団体、ボランティアの皆さんにご協力いただき、環境パトロールとして県内各地の廃棄物の不法投棄、風致景観・道路・河川環境等の一斉パトロール及び近鉄奈良駅周辺での街頭キャンペーンを実施しました。
 県では、「きれいに暮らす奈良県スタイル」の構築を目指し、「大和川のきれい化」、「ごみの減量化」、「奈良らしい景観づくり」を柱とした取り組みを進めているところです。皆様のご理解とご協力をお願いします。


2015年6月4日 リニア建設促進期成同盟会総会に出席しました

 沿線9都府県(東京都、神奈川県、山梨県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県、奈良県、大阪府)で構成するリニア中央新幹線建設促進期成同盟会総会をホテルオークラ東京(東京都港区)で開催しました。
 リニア中央新幹線の建設主体であるJR東海は、東京-名古屋間の環境影響評価の手続きを経て、昨年12月、工事に着手しました。しかしながら、名古屋-大阪間については、環境影響評価の手続きすらなされておらず、いまだ概略ルートや駅位置が示されていません。
 リニア中央新幹線の整備は、東京-大阪間を直結することで初めてその機能が十分に発揮され、地域の発展にもつながるものです。
 このため、今回の総会では全線同時開業のための具体策を早急に検討すること、名古屋・大阪間についても概略ルート及び駅の概略位置を早期に公表し、環境影響評価の手続に着手することなどを決議いたしました。また、総会後には、愛知、山梨両県知事と共に北川国土交通副大臣を訪ね、要望書をお渡ししました。
 「奈良市附近」の駅位置や三重・奈良ルートの早期確定など、リニア中央新幹線の早期実現を目指し、引き続き精力的に活動してまいります。


2015年6月3日 女性の活躍促進会議を開催しました

 文化会館において、第1回女性の活躍促進会議を開催し、出席しました。
 本県では、国に先駆けて昨年8月に設置した「奈良県地方創生本部」においても「少子化・女性部会」を設け、取り組みを進めているところです。
 本会議は、女性がその個性や能力を十分に発揮し、社会で活躍していくためにどうすれば良いか、広い視野を持って検討するために開催したものです。
 第1回は「「男女がともに支える暮らしやすい奈良県」「多様性と活力に富んだ持続可能な奈良県」を実現する」をテーマとして、女性の活躍の必要性や現状等について、就業やワーク・ライフ・バランス等の統計や意識調査結果のデータをもとにご説明した後、各界からご参集いただいた皆様と意見交換を行いました。
 このような議論を通じ、奈良県の女性の活躍を実現するための具体的な施策の検討を進めてまいります。