活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2016年3月」で絞込み

2016年3月28日 第1回奈良県働き方改革推進協議会に出席しました

 第1回奈良県働き方改革推進協議会を開催し、出席しました。
 本協議会は、業種をこえて県内の労使関係者が一堂に会し、働き方の実態や課題、地域特性を踏まえ働き方改革に向けた意見交換を行う場として設置したものです。
 議論を重ねる中で、本県の「働き方」をより良く変える方向性を見出せるよう取り組んでまいります。


2016年3月27日 大相撲初場所表彰式で奈良県知事賞を贈りました

 大阪府立体育会館(大阪市浪速区)で開催された大相撲三月場所で、幕内最高優勝力士となった横綱白鵬関に奈良県知事賞を授与しました。
 奈良で初の天覧相撲を行ったと『日本書紀』に記述がある野見宿禰(のみのすくね)をかたどったトロフィーを手渡し、副賞として、大和肉鶏と大和野菜を組み合わせた「ちゃんこ大和づくし」三百人前と県特産品を授与しました。
 これからもあらゆる機会をとらえ、「相撲発祥の地」奈良のアピールを通じた観光振興への取り組みや、県産品の魅力発信に取り組んでまいります。


2016年3月26日 辻堂バイパス開通式典に出席しました

 県で整備を進めております一般国道168号五條新宮道路で、3月12日に開通した川津道路に続き、辻堂バイパスの一部区間が開通する運びとなり、その開通式典に出席しました。ご尽力いただいた多くの方々に感謝申し上げますとともに、関係の皆様に厚く御礼申し上げます。
 このたび2か所のトンネル、7か所の橋が完成し、バイパス全体の約4分の3にあたる部分が開通しました。平成29年度に全線開通する予定です。災害に強い安全な道路として、観光や物流、そして地域の発展にと大いに役立つものと期待しています。
 今後も国や地元自治体と協力して一般国道168号五條新宮道路の更なる整備を進め、県南部地域の地方創生を着実に推進して参ります。


2016年3月15日 奈良県立大学卒業式に出席しました

 奈良春日野国際フォーラム甍(奈良市)において、奈良県立大学平成27年度卒業式が行われ、新たな門出をお祝いしました。
 県立大学は、昨年4月から公立大学法人に移行し、新たにスタートしました。対話型少人数教育の「学習コモンズ制」を本格的に導入し、教員と学生が相互に対話できる体制を整えるなど、さらなる教育の質の向上と優れた地域人材の養成を目指しています。
 卒業生の皆さんは、入学から4年間、先生方や諸先輩の指導のもと、また、ご家族や友人の支えのもと、学内外で年齢や立場を超えて様々な方々と交流を重ねられ、研鑽を積まれました。
 皆さんが進まれる道はそれぞれ異なりますが、困難を恐れず、チャレンジ精神をもって人生の海原を漕ぎ進み、ご活躍されますことを願っております。


2016年3月14日 智辯学園高等学校野球部の皆さんが来庁されました

 3月20日から甲子園球場(西宮市)で開催される第88回選抜高等学校野球大会に奈良県代表として出場される智辯学園高等学校野球部の皆さんが、関係者の皆さんと共に来庁されました。
 春の選抜大会は2年ぶり10回目の出場で、初日の開幕試合で福井工大福井高等学校と対戦することが決まっています。
 甲子園では、堅実な守備でエースをもりたて一戦一戦をしっかりと戦い、熱い感動を伝えていただけることを期待しています。


2016年3月13日 南奈良総合医療センター・南奈良看護専門学校竣工式典に出席しました

 県と五條市、吉野郡の全町村で構成する一部事務組合では、住み慣れた地域で安心して暮らし続けられる仕組みづくりに取り組んできました。その取り組みの一つである公立病院再編事業に伴い南奈良総合医療センター及び南奈良看護専門学校が竣工し、その式典に出席しました。
 今後は病院整備、運営の段階へと進みますが、引き続き、県と南和の市町村が共に支える「奈良モデル」事業として、取り組みを進めてまいります。
 この南奈良総合医療センターが中心となって、南和地域の地域包括ケアが進みますことを期待します。


2016年3月12日 川津道路開通式典に出席しました

 県で整備を進めております一般国道168号五條新宮道路 川津道路の開通式典に出席しました。式典に先立ち、十津川村の主催による「念願の開通を祝う感謝の催し」が開催され、地元の皆さんによる踊りの披露、きのこ汁やあずき飯のふるまいなどが行われました。
 一般国道168号五條新宮道路は、紀伊半島アンカールートを形成し、南海トラフ巨大地震等の大規模災害への対応や救急医療を支える「命の道」であるとともに、県南部地域の産業や観光の振興を担う重要な道路です。整備にあたりご尽力いただいた多くの方々に感謝申し上げますとともに、関係の皆様に厚く御礼申し上げます。
 平成23年9月の紀伊半島大水害の復旧・復興から、今後は地域振興に軸足をおいて様々な取組を進め、県南部地域の地方創生を着実に推進して参ります。


2016年3月1日 なら健康長寿基本計画推進戦略会議

 なら健康長寿基本計画推進戦略会議を開催し、出席しました。本会議は、平成25年7月に策定した「なら健康長寿基本計画」の評価推進機関として設置したもので、年1回ベースで開催しています。
 今回の会議では、前回会議での委員からのご提言に対する対応状況、本県と県内市町村における健康寿命にかかる指標や重点健康指標の最新値などを報告し、より効果的な健康づくり施策の推進方法について、活発に意見交換していただきました。今回いただいたご意見を参考に、健康寿命日本一の達成に向けて、更なる取り組みを進めてまいります。