活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2016年6月」で絞込み

2016年6月27日 奈良県環境保全功労賞表彰式を行いました

 平成28年度奈良県環境保全功労賞の表彰式を知事室にて行いました。
 この賞は、環境保全に関する活動において、特に顕著な功績のあった個人・団体・事業所の功績をたたえるもので、今年度は、環境教育や自然環境保全活動などに取り組まれている2団体に授与しました。
 皆さんのご活動に敬意を表しますと共に、このような活動を通じて、より多くの方々が環境保全への関心と理解を深めていただきますことを期待します。

<受賞者>
・環境ボランティア「エコみ~るず」(香芝市)
・NACS-J自然観察指導員奈良連絡会(生駒市)


2016年6月26日 ムジークフェストなら2016が閉幕しました

 6月11日から始まったムジークフェストなら2016が閉幕しました。最終日に奈良公園・春日野園地で行ったファミリーコンサートには、ムジーク史上最多の3万人以上のお客様にお越しいただきました。
 奈良県文化会館の「第九」やたけまるホール(生駒市)の「県立ジュニアオーケストラ」コンサートも、いずれも盛況でフィナーレを飾るにふさわしい賑わいでした。期間中、足を運んでくださった多くの皆様に感謝申し上げます。


2016年6月26日 第70回関西広域連合委員会に出席しました

 大阪市内で開催された「第70回関西広域連合委員会」に出席しました。
 今回は、琵琶湖・淀川流域対策に係る研究会での検討状況、関西観光・文化振興計画の見直し、熊本地震への対応、関西エリアにおける自治体無料Wi-Fiの認証連携実現などについて協議や報告が行われ、私からも意見・所感を申し述べました。
 今後も参加している2分野(「広域防災」「広域観光・文化・スポーツ振興」)の連携・協働に努めてまいります。


2016年6月24日 橿原公苑野球場及び第一体育館の愛称名が決定しました

 ネーミングライツ(命名権)を募集していた橿原公苑第一体育館について、ネーミングライツパートナーが自動車部品メーカー、(株)ジェイテクト(本社:名古屋市)に決定し、契約を締結しました。愛称は「ジェイテクトアリーナ奈良」となります。また、橿原公苑野球場は、佐藤薬品工業(株)(本社:橿原市)の命名権継続が決まり、愛称は引き続き「佐藤薬品スタジアム」です。契約期間はいずれも7月1日から3年間です。
 県では、命名権料による収入を、スポーツ施設の充実に活用したいと考えております。


2016年6月19日 ムジーク・プラッツ2016in春日野園地OKINAWA×NARAを開催しました

 今年で3回目を迎えるムジーク・プラッツ。毎年、奈良公園・春日野園地で開催し、その中のひとつで、沖縄の音楽や文化芸能の魅力を楽しむコンサートを18日、19日の2日間にわたり開催しました。
 多くの方にお越しいただき、演奏者と観客が一体となって楽しめる、沖縄音楽を存分に味わえるコンサートでした。このようなイベントを通じて、奈良と沖縄の文化の交流が一層図られることを期待します。


2016年6月11日 ムジークフェストなら2016が開幕しました

 今年で5周年を迎える奈良の音楽祭「ムジークフェストなら2016」が開幕し、東大寺大仏殿で行われたオープニングセレモニーに出席しました。
 幅広い世代の方々に楽しんでいただけるよう、多彩なジャンルの約300公演を開催予定です。まさに奈良が音楽一色に染まる16日間となります。
 より多くの皆様に、様々なジャンルの音楽と奈良の魅力を存分に楽しんでいただき、国内外 に誇れる奈良の音楽祭にしてまいりたいと思っております。


2016年6月7日 国際料理コンクール アジア・パシフィック大会優勝シェフが来庁されました

 株式会社ひらまつ「ラ・フェットひらまつ」総料理長、長谷川幸太郎シェフ(NAFICフードクリエイティブ学科カリキュラムアドバイザー)が来庁されました。
 4月14日、15日の2日間、シンガポールで開催された第16回ボキューズ・ドール国際料理コンクールのアジア・パシフィック大会に日本代表として出場され、アジア9ケ国の中で見事優勝されました。1月にフランス・リヨンで開催される「ボキューズ・ドール ファイナル」の出場権を得て、世界24ヶ国の中で日本人初優勝を目指して戦われます。
 こういった世界の舞台で活躍されることに、心から敬意を表します。これからの一層のご活躍を期待しています。


2016年6月7日 平成28年度環境パトロール「環境の日」街頭キャンペーン出発式

 環境パトロール及び「環境の日」街頭キャンペーンの出発式を、県庁正面玄関前で行いました。
 環境基本法で6月5日は「環境の日」、そして6月は「環境月間」と定められています。そこで、広く県民の皆様に環境保全についてアピールしようと、市町村や県警察、関係団体、ボランティアの皆さんにご協力いただき、環境パトロール及び街頭キャンペーンを実施しています。
 県では、「住んで良し」「働いて良し」「訪れて良し」の奈良県を目指し、「大和川のきれい化」、「ごみの減量化」、「奈良らしい景観づくり」を柱とした「きれいに暮らす奈良県スタイル」の構築に取り組んでいるところです。皆様のご理解とご協力をお願いします。


2016年6月2日 「観光と技術に関する国際会議」に出席しました

 観光庁と国連世界観光機関(UNWTO)が共催する「観光と技術に関する国際会議」が、なら100年会館で開催され、出席しました。
 この会議には、日本を含むアジア太平洋から約20カ国・地域の政府関係者や観光産業関係者、情報通信関係者など約350人が参加し、技術革新が観光をどう変えていくのかについて議論を行いました。
 県では、従前より国際会議の誘致等の取組を行ってまいりましたが、今回このような大きな会議が奈良県で開催されることを大変光栄に思います。
 県といたしましても、開催地・奈良のブランド力を高めるため、この会議の開催を支援しています。6月4日には会議参加者の方をご案内する県内視察を予定しています。古代建築に着目したコースや、奈良の奥深さを体験するコースなど、多岐にわたる奈良の魅力を知っていただけるコースに分かれ、会議参加者の皆様を県内各地にご案内いたします。