活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2016年11月」で絞込み

2016年11月30日 女性の活躍促進会議を開催しました

 奈良市内において、女性の活躍促進会議を開催し、出席しました。
 本会議は、女性がその個性や能力を十分に発揮し、社会で活躍していくためにどうすれば良いか、広い視野を持って検討するため昨年6月に設置しました。
 今回は、「女性の就労者数増加に向けて」をテーマに、各方面から参集いただいた皆様と意見交換を行いました。
 このような議論を通じ、「女性が輝き、活躍する奈良県」を実現するための具体的な施策の検討を進めてまいります。


2016年11月29日 奈良県冬季誘客イベント「大立山まつり」実行委員会

 奈良市内において、奈良県冬季誘客イベント「大立山まつり」実行委員会を開催し、出席しました。
 今年で2回目の開催となる「奈良大立山まつり」に向け、実施概要について審議いただき、承認されました。
 今年度は、来年1月25日から29日までの5日間、平城宮跡で開催予定です。大極殿院内に2カ所の舞台を設置し、県内の伝統行事22団体が参加します。また、地元食材を活かした温かい食を提供する「あったかもんグランプリ」には、県内39の全市町村が出展します。
 奈良のにぎわいづくりに向けて、「大立山まつり」をより盛り上げるため、皆様のご協力をお願いします。


2016年11月29日 第19回奈良県節電協議会

 奈良商工会議所(奈良市)において、第19回奈良県節電協議会を開催しました。
 今冬は安定供給に必要な電力を確保できる見通しであることから、節電の数値目標を設定しませんでしたが、省エネ・節電をライフスタイルとして定着させるため、取り組みは継続したいと考えています。
 あわせて、省エネECOチャレンジとして夏季期間中省エネ・節電に積極的に取り組み、優れた成果を挙げられた方を表彰いたしました。
 生活や業務におけるエネルギーの使い方を見直し、無理のない範囲で省エネ・節電を行う意識を持続することは非常に大事だと考えています。引き続き、皆様のご理解とご協力をお願いします。 


2016年11月28日 第3回奈良県・市町村長サミットを開催しました

 平成28年度第3回目の奈良県・市町村長サミットを、桜井市立図書館で開催しました。
 今回は、「地方創生」をテーマに、南和広域医療企業団より医療と地域包括ケアについて、また天理市よりテレワークセンターについて事例発表をいただきました。県からも、地域の食と農を活かした「ぐるっとオーベルジュ」の取組や水道の広域化について説明しました。それらの発表を受けて、各市町村の地方創生の取組事例や今後の連携の可能性について、市町村長の皆さんと意見交換を行いました。
 今後もこのサミットの場を活用して積極的に意見交換や情報交換を行い、県と市町村あるいは市町村間の連携が深まり、さらに事業が展開していくことを期待しています。


2016年11月23日 平成28年度第4回、第5回地域フォーラム

 平成28年度第4回地域フォーラムを午前に河合町立文化会館で、第5回を午後に宇陀市文化会館で開催しました。
 この地域フォーラムは、県民の方々にとって身近な地域課題の解決につなげることを目的に、平成25年度より開催しているもので、今年度は「健康・医療・介護」をテーマに実施しております。
各会場には、それぞれ約470名(第4回)と約250名(第5回)と多くの方々にご参加いただき、テーマの専門家である済生会中和病院の今川敦史院長から地域医療構想や地域包括ケアシステムについて講演いただいた後、私から本県における「健康・医療・介護」の現状や県の取り組み等について説明いたしました。
 引き続き行われたパネルディスカッションでは、出席いただいた三郷町、上牧町、王寺町、
  河合町(第4回)、宇陀市、山添村、曽爾村、
御杖村(第5回)の各市町村長から取組を説明いただくとともに、がん検診受診率の向上や介護予防などについて意見交換を行いました。
 今後も、地域フォーラムを通して各市町村長と様々な分野で議論を活発にし、地域の課題解決につなげていきたいと考えています。


2016年11月13日 第7回あしたのなら表彰式、第7回ならビューティフルシニア表彰式

 奈良市内で開催された、第7回あしたのなら表彰式並びに第7回ならビューティフルシニア表彰式に出席しました。
 あしたのなら表彰では、分野や年齢、経験年数にとらわれず、奈良のPRやイメージアップに大いに寄与する活動や県民に元気や感動を与えてくれるような活動を行っている2名の方と3つの団体を表彰しました。併せて、若い力で地域の魅力向上に貢献している高校2校に特別賞を授与しました。
 また、ならビューティフルシニア表彰では、心身ともに健康で、若々しく、積極的に社会参加し、年齢を重ねた美しさを感じさせ、県民のあこがれとなるようなシニアとして6名の方々を表彰しました。
   両表彰の受賞者の方々による活動発表が行われ、ならビューティフルシニアについては
その活動発表でコンテストを行い、感動を与えた発表を行った最高齢の亀谷さんに「最高感動賞」をお贈りしました。
 受賞者のみなさんには、今後も活動を継続していただき、ますます活躍されることを期待しております。

 □第7回あしたのなら表彰
・石井 正信(いしい まさのぶ)さん
・坂本 大祐(さかもと だいすけ)さん
・鴨都波神社 鴨の宮若衆会
・奈良・人と自然の会
・深野〇〇会
〈特別賞〉
・県立王寺工業高等学校
・県立吉野高等学校 よしの調査隊

□第7回ならビューティフルシニア表彰
・亀谷 音一(かめたに おといち)さん 〈最高感動賞〉
・喜多 千代子(きた ちよこ)さん
・宮前 清和(みやまえ きよかず)さん
・安達 孝雄(あだち たかお)さん
・橋本 順子(はしもと じゅんこ)さん
・吉岡 敏子(よしおか としこ)さん


2016年11月12日 税を考えるシンポジウムに出席しました

 橿原文化会館で「税を考えるシンポジウム」を開催し、出席しました。
 このシンポジウムは、「税を考える週間」(11月11日~17日)に、県民の方々に税への関心を持っていただき、奈良県税制調査会の取り組みについて広く理解してもらうため、開催しました。
 第1部では、財務省 佐藤慎一事務次官に「経済社会の構造変化と税制」と題して特別講演いただきました。第2部では、関西大学 林宏昭教授に「地方税のあり方と自治体の取り組みについて」と題して基調講演いただいた後、県税制調査会の委員の方々や橿原市長に加わっていただき、パネルディスカッション形式で「奈良県における地方税の課題と展望」をテーマにご意見をいただきました。
 今回のシンポジウムを契機として、県民の皆様に税への関心を深めていただければ嬉しく思います。 


2016年11月11日 首都圏でトップセールスを行いました

 11月2日から15日まで、新宿高島屋(東京都渋谷区)において「奈良フェア」を開催し、トップセールスを行いました。
 大和伝統野菜の「大和まな」や柿などの農産物の試食・販売を行ったほか、奈良のメニューフェアとして大和野菜(大和まな、千筋みずな)、柿、大和茶などの食材を使ったメニューの提供、奈良の魅力をお届けするトークショーやセミナーなどもイベントも開催いたしました。
 奈良の「食」と「観光」の魅力をより多くの首都圏の皆様に知っていただけるよう、引き続き取り組んでまいります。 


2016年11月10日 関西経済連合会 地方分権・広域行政委員会で講演しました

 関西経済連合会の地方分権・広域行政委員会において、「『グローバル化時代における地方政府の新しい役割』を考える」と題し、講演を行いました。
 同委員会では、地方創生や地方分権の調査・提言などの活動を行っておられます。
 講演では、グローバル化時代に我が国が対応するためには、「働き方改革」が必要であることや、そのために地方政府に求められる役割について、課題分析や奈良県の取り組みなどを紹介しながら、私の考えをお述べしました。
 このような機会に、関西経済連合会の方々と、様々な意見交換ができたことを嬉しく思います。


2016年11月9日 平成28年度第1回奈良県教育サミットを開催しました

 平成28年度第1回奈良県教育サミットを、桜井市立図書館で開催しました。
 市町村長、県教育長および市町村教育長の皆様にお集まりいただき、平成28年度全国学力・学習状況調査等の結果について意見交換を行いました。奈良県の状況について報告を行った後、出席者にはグループに分かれて課題と改善策について議論いただきました。
 今後も、県・市町村で教育課題の情報を共有して意見交換を行い、教育行政における県と市町村の連携を深めることで教育の充実を目指していきたいと考えています。


2016年11月8日 第7回東アジア地方政府会合を開催しました

 11月6日~8日の日程で、奈良市内において第7回東アジア地方政府会合を開催し、6カ国、40の地方政府の代表の皆様にご参加いただきました。
 今年度は「まちづくり、地域づくり」、「農業と地域経済の発展」、「少子化対策の推進」の3つをテーマに、講師の方々に助言をいただきながら、それぞれの地方政府の課題や創意工夫した取り組み等について意見を交わしました。このように地方政府が共有する行政課題について、相互理解を深め、課題解決の道筋を見いだすことは非常に有意義であると考えます。
 また、来年度の東アジア地方政府会合が、初めて海外(中国成都市)で開催されることも決まりました。この会合の取り組みが、海外にも広がりを見せていることをうれしく思います。


2016年11月4日 秋の叙勲受章者に対する知事伝達式を行いました

 平成28年秋の叙勲及び第27回危険業務従事者叙勲の受章者に対する知事伝達式を県庁第一会議室にて行いました。
 今回は、叙勲28名(総務省・地方自治関係9名、厚生労働省・厚生関係7名、厚生労働省・労働関係1名、消防庁関係11名(うち危険業務従事者は6名))の方を対象に、地方自治、福祉、医療、労働及び消防のそれぞれの分野に携わり、社会の発展に寄与された方々に勲章を伝達しました。永年にわたるご尽力に心より敬意を表します。
 受章者の皆様には今後も健康にご留意いただきまして、ご経験やご見識を生かされ、各分野の発展のため、さらなるご活躍を期待申し上げます。


2016年11月2日 スイスセミナーを開催しました

 奈良市内で「第1回スイスセミナー」を開催しました。
 このセミナーは、平成27年4月に友好提携に関する協定を締結したスイスベルン州との交流を深め、スイスの先進事例を学ぶ機会として開催し、県内市町村長、県議会正副議長、県議会議員、県・市町村職員、県内関係団体などが参加しました。
 ラファエル・コント スイス全州議会議長にもご挨拶いただいた後、ジャン・フランソワ・パロ 駐日スイス大使が「スイスの政治・経済制度」を、ファビアン・クレール スイス政府観光局日本支局長が「スイスの観光マーケティング戦略」について講演されました。
 スイスの先進的な取組には学ぶところが多いと考えており、今回のセミナーをきっかけとして、県内各分野での新たな取組につながっていくことを期待しています。


2016年11月2日 奈良県自治連合会 自治功労者表彰式

 奈良市内で開催された、奈良県自治連合会自治功労者表彰式に出席しました。
 住民自治の代表として、長年にわたり地域住民と市町村や県とのパイプ役をつとめられ、行政の円滑な運営と地域社会の発展にご尽力いただいた方々を表彰いたしました。
 自治会の働き手が減少する中、地域住民の多様なニーズへの対応にご尽力いただき、地域の発展に寄与していただいている自治会活動を、非常に頼もしく、またありがたく思います。今後も県としてこうした自治会活動を支援してまいります。
 住民が互いに支え合い、安心して明るく暮らすことのできるまちづくりに向けて、費着る付きご協力賜りますようお願いします。