活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2017年10月」で絞込み

2017年10月11日 2017年アジア都市景観賞を受賞しました

 平成23年9月の紀伊半島大水害からの復旧復興関連事業を契機とした、十津川村での「新たな集落づくり」の取組が、2017年アジア都市景観賞を受賞しました。
 村産材を活用した木造応急仮設住宅、地産地消による復興モデル住宅、集落景観に配慮した復興村営住宅、村で最期まで暮らす高齢者住宅「高森のいえ」などの一連の取組が評価され、十津川村と奈良県との合同受賞となりました。
 この取組を複数の集落の集積モデルとしてさらに発展させ、他の地域でも応用することを目指しています。


2017年10月11日 吉野町とまちづくりに関する包括協定を締結しました

 奈良県と吉野町は、「まちづくりに関する包括協定」を締結しました。奈良県と県内市町村とのまちづくりに関する包括協定は、9月28日に締結した上北山村に続き今回で23例目となります。
 この度、「吉野山地区」において包括協定を結び、「訪れる人々を温かくもてなす世界遺産『吉野山』」をコンセプトとして、「吉野山と訪れる人々を温かくもてなす環境整備」「世界遺産『吉野山』らしい景観・眺望づくり」「年間を通じた金峯山寺蔵王堂を中心とするまち中の魅力とにぎわいづくり」「地域住民の快適で安全な暮らし環境づくり」に協働して取り組みます。
 県では、今後も引き続きまちづくりに前向きで熱心な市町村を支援するため、奈良モデルとして「県と市町村とのまちづくりに関する連携協定」を積極的に進めてまいります。


2017年10月10日 「がん検診を受けよう!」奈良県民会議

 「がん検診を受けよう!」奈良県民会議街頭啓発・総会・講演会を奈良市内で開催しました。
 この県民会議は、経済労働団体、保健・医療機関、患者団体、市町村などが一丸となってがん検診の普及啓発に取り組むことを目的に、平成24年に設立しました。
 街頭啓発では、「がん検診を受けよう!」奈良県民会議の会員が、近鉄大和西大寺駅周辺、サンワシティ・ならファミリー周辺、近鉄学園前駅周辺において、受診啓発活動を行い、がん検診受診を呼びかけました。
 また、総会では、平成29年度の会員取組方針発表、市町村におけるがん検診個別勧奨取組の報告や、がん検診の普及啓発の取組に対する知事表彰を実施しました。その後、「大切な人の『想い』とともに・・・」と題して一般社団法人清水健基金代表理事でキャスターの清水健氏に講演いただきました。
 「がん検診を受けよう!」奈良県民会議では、会員がそれぞれの立場でがん検診の受診率を向上させる活動を行っています。今後も、会員同士が連携し、がん検診受診率の向上に努めてまいりたいと考えています。


2017年10月7日 平成29年度第3回地域フォーラム

 平成29年度第3回地域フォーラムが広陵町の「はしお元気村」で開催されました。
 このフォーラムは、地域の課題について、市町村長さんと議論し、県政に対する県民の理解を深めるとともに、地域の課題解決につなげることを目的に平成25年度から実施しており、今年度は「協働と連携のまちづくり・奈良モデル」をテーマに開催しています。
 まず、私からテーマに関して本県の取組等を説明した後、パネルディスカッションを行いました。パネルディスカッションでは、大和高田市、御所市、香芝市、葛城市、広陵町の市町村長さんからそれぞれの取組を説明いただき、県と市町村または市町村間の連携による税の協働徴収などの奈良モデルによる取組や、地域において全体でまちづくりを考えていく必要性などについて意見交換を行いました。
 その後、質疑応答として、事前に参加者の方々からいただいた質問にお答えしました。例えば、県内環境の向上による地域の活性化や人口増加を推進していくための政策についての質問では、
 ・若者や女性が、生活しやすく働きやすい場所をつくるため、工場誘致やホテル誘致に努めていること。
 ・道路をうまく整備すれば、商業施設等の誘致により雇用が発生するなど、まだまだ発展する余地があること。
 ・20年後にリニア中央新幹線が開業することも踏まえ、地域で雇用が発生するよう、住んでよし、働いてよし、訪れてよしとなるよう取り組んでいきたい。
というお話をいたしました。
 これからもこの地域フォーラムなどを通じて市町村長さんと活発に議論し、地域の課題解決につなげていきたいと考えています。


2017年10月5日 東京大田市場で「奈良の柿」トップセールスを行いました

 首都圏流通の要である東京都の大田市場において「奈良の柿」のトップセールスを行い、これから出荷のピークを迎える「刀根早生柿」を宣伝しました。奈良県特産の柿の消費拡大を目的としており、今回で6回目のセールスとなります。
 奈良県の役目は、産地と消費者、マーケットを繋ぐこと、首都圏市場の流通業者の意向を産地に伝えることだと考えています。
 今後も、柿を始めとする県産農産物の販路拡大に向けて、一層尽力していきたいと思います。


2017年10月2日 第3回奈良県・市町村長サミットを開催しました

 平成29年度第3回目の奈良県・市町村長サミットを、桜井市立図書館で開催しました。
 今回は、「県土有効活用の観点からの農地マネジメントの推進」をメインテーマとして開催しました。県から、農地及び担い手、地籍調査の市町村ごとの状況及び課題を紹介した後、今後の農地活用の方向性について議論を深めていただきました。
 また、「社会保障分野の『奈良モデル』としての医療・介護一体の取組」や「県域水道一体化の目指す姿と方向性」等の取組状況についてご報告しました。
 今後もこのサミットの場を活用して積極的に意見交換や情報交換を行い、県と市町村あるいは市町村間の連携が深まり、さらに事業が展開していくことを期待しています。


2017年10月1日 赤い羽根共同募金運動に参加しました

 今年で71回目を迎える赤い羽根共同募金運動が全国一斉に始まりました。奈良県でも、オープニングセレモニーが近鉄奈良駅前で開催され、ボランティアの方々などとともに募金の共同を呼びかけました。
 募金運動は、3月31日までの6ヶ月間にわたり展開されます。皆様のご理解とご協力をお願いします。