活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2018年1月」で絞込み

2018年1月30日 奈良県海外展開リーディングカンパニー(輸出)表彰式を行いました

 県内産業の振興を図るため、海外への輸出で成果をあげられている県内企業を「海外展開リーディングカンパニー(輸出)」に選定し、表彰しました。
 今回表彰した5社は、いずれも特徴的な取組で成果をあげられており、今後、県内産業の牽引役となっていただくことを期待しています。
 県では、今後もリーディングカンパニーの輩出にむけ、いろいろな取組を進めてまいります。

<受賞企業 5社>
株式会社品川工業所
株式会社Soliton Corporation
株式会社飯塚製作所
株式会社吉川国工業所
近畿編針株式会社 


2018年1月29日 「きれいに暮らす奈良県スタイル」推進協議会総会を開催しました

 奈良県では、奈良ならではの美しい景観や循環型の持続可能な社会を構築するため、関係機関・団体等と連携しながら継続的に実践活動を展開し、「きれいに暮らす奈良県スタイル」を普及・定着させることを目的として、平成28年12月に「きれいに暮らす奈良県スタイル」推進協議会を設立いたしました。
 今回の総会では、「きれいに暮らす奈良県スタイル」行動計画の進捗状況についてご報告しました。また、行動計画に基づき、きれいな奈良県づくりに貢献いただいた方々に対し、「きれいな奈良県づくり功労賞」を授与しました。
 今後、「きれいに暮らす奈良県スタイル」が一層普及、定着することを期待しています。

<受賞者>
□川のきれい化部門
  菰川環境美化協議会

□景観づくり部門
  石見フラワーチーム
  近鉄八木駅名店街協同組合
  奈良大学附属高等学校硬式野球部

□循環型の生活スタイル部門
  一般社団法人地域未来エネルギー奈良
  東吉野村小水力利用推進協議会

□景観づくり部門(デザインや表現の優れた広告物)
  一般広告 をかし東城(広告主)
       建築デザイン工房 壱(デザイン・製作)
  独立広告 株式会社三輪山本(広告主)
       佐藤 可士和、奥瀬 義樹(デザイン)
       株式会社阪神コンテンツリンク(製作)
  歴史的広告活用 ナカコ醤油株式会社(広告主)


2018年1月28日 「奈良大立山まつり」が閉幕しました

  1月26日から28日までの3日間、平城宮跡において、「奈良大立山まつりを開催しました。
 四天王をモチーフにした山車「大立山」が会場を練り歩く「大立山巡行」に加え、3回目となる今年は、過去最多の27団体の方々に伝統行事などをご披露・展示いただきました。また、こども向け企画も規模を拡大し、ふわふわ遊具、会場内を走るロードトレインなど、ご家族皆様で楽しんでいただけるイベントを充実させました。
 「奈良大立山まつり」と併せて、「第5回あったかもんグランプリ」を今年も開催しました。県内全ての39市町村にご出店いただき、各地域の食材を活かした温かい料理を提供いただきました。グランプリ出品の「あったかもん」のほかにも、地域のグルメや特産品の販売なども行われ、たくさんのブースを回って、買い物をされている方もおられました。
 最終日である28日には表彰式を行い、最優秀賞
には、上北山村の「かみきた炙りあまご入り栃餅雑煮」が選ばれました。
 「奈良大立山まつり」が、奈良県の観光オフシーズンである冬の新たな風物詩として定着していくことを期待しています。来年以降も皆様により楽しんでいただけるよう努力してまいります。


2018年1月28日 新奈良県総合医療センター開設準備報告会に出席しました

 5月1日に開院予定の新奈良県総合医療センターの開設準備報告会に出席しました。
 新奈良県総合医療センターの建物や開院までのスケジュールのほか、新設される診療科や医療機器、救急体制等の説明が行われました。
 新センターでは、北和地域の高度医療拠点として、救急医療、周産期医療、がん医療の機能をさらに充実させ、地域の医療機関とも連携協力しながら、県民の皆様の期待に応えてまいります。


2018年1月28日 第3回奈良のお薬師さん大賞授賞式を行いました

 第3回奈良のお薬師さん大賞の授賞式を、奈良大立山まつりを開催中の平城宮跡第一次朝堂院ステージにて行いました。
 「奈良のお薬師さん大賞」は、地域医療・介護に関する分野で、地道に取り組まれ、地域住民や関係者から高い評価を受けていらっしゃる方を「奈良のお薬師さん」として顕彰する制度です。
 受賞された皆様のこれまでのご苦労に心から感謝申し上げますとともに、一層のご活躍を期待申し上げます。

 <第3回奈良のお薬師さん大賞 受賞者>
 正田 晨夫さん(歯科医師)
 坂根 俊輔さん(医師)
 下城 明子さん(看護師)


2018年1月28日 都市計画道路石木城線、枚方大和郡山線柳町工区が開通しました

 「都市計画道路石木城線」1.0kmと「枚方大和郡山線柳町工区」の東側0.3kmが開通しました。「枚方大和郡山線柳町工区」については、平成25年に供用した西側0.3kmと合わせて0.6kmの区間が完成となります。開通までご尽力いただいた関係者の皆様には、御礼申し上げます。
 本道路は、本年5月1日に開院する県北和地域の高度医療拠点病院として整備した新奈良県総合医療センターへの重要なアクセス道路です。開通により、県北和地域の各方面から新病院への迅速な救急搬送ルートが確保され、地域住民に室の高い医療を提供することが可能になります。
 また、これまで道幅が狭くすれ違いが困難な現道を通行していた車両が、今回開通となった道路を通ることで、地域住民や通学する児童や生徒の安全な暮らしも確保されます。
 さらに、大阪方面から大和郡山市中心部への快適なアクセスも確保され、観光振興などに大きな効果をもたらすことも期待しています。
 今後も、県内産業の活性化や雇用の創出、観光振興、安全・安心の向上のため、道路などのインフラ整備を進めてまいります。


2018年1月27日 平成29年度奈良県防災講演会を開催しました

 なら100年会館において、平成29年度奈良県防災講演会を開催しました。
 講演会では、「陸上自衛隊第35代西部方面総監(第33代第3師団長) 番匠幸一郎氏」に『大規模災害と危機管理』と題してご講演いただきました。平成23年の紀伊半島大水害時に第3師団長として奈良県などの災害派遣を担当いただいたご経験も踏まえ、自衛隊の活動を中心とした防災のお話をしていただきました。
 日本一安全で安心して暮らせる奈良の実現に向け、今後も防災意識の高揚を図るとともに、関係機関との連携を深めるための取組を進めてまいります。


2018年1月27日 伝統工芸企画展「赤膚焼・奈良一刀彫・奈良漆器・・・悠久の美と技」開会式に出席しました

 県立美術館において、伝統工芸企画展「赤膚焼・奈良一刀彫・奈良漆器・・・悠久の美と技」が始まり、開会式に出席しました。
 今回の企画展では、数多い奈良の伝統工芸の中から美術的にも優れた赤膚焼、奈良一刀彫、奈良漆器を取り上げ、近世から近代の作品約100点と現代の作品約60点を一堂に展示します。
 本企画展により多くの皆様にご来場いただけること、また伝統工芸がさらに発展することを期待しています。


2018年1月24日 平成29年度スイスセミナーを開催しました

 「スイスの職業教育訓練制度」をテーマに、平成29年度スイスセミナーを奈良市内で開催しました。
 このセミナーは、平成27年4月に友好提携に関する協定を締結したスイスベルン州との交流を深め、スイスの取組を学ぶ機会として開催し、県内市町村長、県議会議員、県内関係団体、企業、学校、県・市町村職員などが参加しました。
 駐日スイス大使館科学技術部長 トーマス・マイヤー氏より、「スイスの職業教育訓練制度」について、岡山理科大学キャリア支援センター教授 寺田盛紀氏より、「海外の職業教育訓練から日本が学びたいこと」についてご講演いただきました。
 今後も、幅広い分野において相互に協力関係を継続していきたいと考えています。


2018年1月24日 カルビー株式会社 伊藤代表取締役社長が来庁されました『ポテトチップス「奈良の味:奥大和柿の葉すし味」発売』

 カルビー株式会社は、47都道府県の地元ならではの味のポテトチップスを開発し、各都道府県ごとに順次発売されています。このたび、奈良の味として「奥大和柿の葉すし味」ポテトチップスが、2月19日より近畿6府県で販売されることになり、カルビー株式会社 伊藤代表取締役社長が来庁されました。
 1年ほど前から、県庁職員も開発に加わり、アイデア出しや試食会などを行ってきました。複数の候補の中から、奈良らしさや味を評価して決まりました。「奥大和柿の葉すし味」ポテトチップスは、サバの風味や柿の葉の香り、酢の酸味が特徴で、3月下旬頃までの販売を予定しています。奈良の特産品を広く知っていただく機会となれば嬉しく思います。


2018年1月22日 ふるさと知事ネットワーク第11回知事会合に出席しました

 「自立と分散で日本を変えるふるさと知事ネットワーク」の第11回会合が鳥取県三朝町にて開催され、出席しました。
 今回の会合では、まず「地域の絆と災害に強い地域づくり」をテーマに、意見交換を行いました。私からは、「新しい森林環境管理制度の構築と森林の防災機能を重視した森林づくり」について、本県の取組を紹介しました。続いて、「ふるさと創生に向けた大学との連携」をテーマに意見交換を行い、本県の大学振興に向けた取組を紹介しました。
 今後とも、「住んで良し」「働いて良し」「訪れて良し」の奈良県を実現するため、各県の取組も参考にしながら、様々な施策に鋭意取り組んでまいります。


2018年1月13日 「古事記のまつり」を開催しました

 奈良県が推進する「記紀・万葉プロジェクト」のシンボルイベントとして、「第5回 古事記のまつり」を奈良市内にて開催しました。
 「古事記朗唱大会」では、記紀ゆかりの県内市町村長の皆さんにも朗唱いただいたほか、全国各地からご応募いただいた32組の方々が工夫を凝らした朗唱を披露されました。「古事記かるた大会」では、県が制作した「古事記かるた」を使い、小学生の皆さんが熱戦を繰り広げました。
 今後も「古事記のまつり」を継続して開催し、「古事記編纂・完成の地 奈良」の奥深い魅力を発信していくとともに、『古事記』が私たちの暮らしの中でより身近な存在となるよう取り組んでまいります。


2018年1月13日 平成30年消防出初式に出席しました

 奈良市で開催された平成30年消防出初式に出席しました。
 消防出初式は、消防職員・団員の規律・士気高揚及び消防技術の練磨、並びに有事における相互間の連携強化を目的として、県内各所で開催されています。
 日頃から地域防災の第一線に立ち、献身的にご活躍・ご苦労をいただいている皆さんに、感謝の意をお伝えしました。
 昨年も全国各地で台風や集中豪雨等による被害が発生しました。近い将来、南海トラフ地震の発生も危惧されており、様々な災害に迅速・適確に対応していくことが求められています。
 このような状況のなか、県民の皆さんの安全安心を確保する上で消防の果たす役割は大きく、引き続き消防救急体制の充実強化に努めてまいります。


2018年1月11日 平成30年奈良県警察年頭視閲式に出席しました

 平成30年奈良県警察年頭視閲式が奈良公園で行われ、出席しました。
 視閲式では、奈良県警察音楽隊を先頭に旗手、総指揮官、各部隊の順に分列行進が行われ、その後、各部隊の視閲を行いました。また、警察官の逮捕術訓練や管区機動隊の部隊訓練の様子も披露され、その気迫ある勇姿を大変頼もしく感じました。
 「日本一安全で安心して暮らせる奈良」の実現のため、一致団結して任務にあたられ、県民の期待と信頼に応えていただきますことを期待します。


2018年1月4日 平成30年仕事始め式

 明けましておめでとうございます。
 今日から、県庁の仕事始めです。幹部職員を前に訓示を行いました。
 我々職員が、将来・後世・後輩のために日々努力することで、奈良県が発展すると思います。
 これからも精一杯奈良県政の発展に努めさせていただきます。
本年もどうぞよろしくお願いします。