活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2018年9月」で絞込み

2018年9月14日 秋の交通安全県民大会に出席しました

秋の交通安全県民大会 かしはら万葉ホールにおいて、平成30年秋の交通安全県民大会が開催され、出席しました。

 9月21日から30日まで実施される「秋の交通安全県民運動」では、「子供と高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止」「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」「飲酒運転の根絶」「横断歩行者の保護と正しい横断」の5つの重点について、関係機関・団体が一致団結して推進します。

 引き続き、皆様のご協力をいただきながら、「交通事故のない やすらぎの 大和路づくり」の実現に向け、取り組んでまいります。


2018年9月13日 平成30年度老人福祉功労者等表彰式を行いました

老人福祉功労者表彰式 奈良県庁において、「平成30年度老人福祉功労者等表彰式」を行いました。

 県では、9月15日の老人の日を含む9月を「高齢者保健福祉月間」と定め、高齢者をはじめ県民の方すべてに、超高齢社会のあり方について、改めて考えていただく機会としています。

 多年にわたり高齢者福祉の推進にご尽力いただいた「老人福祉功労者」「老人福祉施設功労者」「優良老人クラブ」の方々に敬意を表し、表彰状を授与しました。受賞された皆様が、豊かな知識と経験を活かし、地域社会の発展のために今後も活躍されることを期待しています。

 県では、健康寿命日本一を目指し、引き続き、高齢者の社会参加の促進や生きがいづくりの推進のための施策に取り組んでまいります。


2018年9月5日 奈良県戦没者追悼式を挙行しました

奈良県戦没者追悼式 県文化会館において、奈良県戦没者追悼式を挙行しました。

 遺族の方々など約780名の参列をいただき、県出身の戦没者約2万7千名の方々のご冥福をお祈りしました。

 我々は、あの痛ましい体験を風化させることなく、再び戦争の惨禍が繰り返されることのないよう後世に語り継ぎ、世界の恒久平和の実現に努めることが重大な責務であると思います。


2018年9月3日 奈良県障害者政策推進トップフォーラムを開催しました

障害者政策推進会議 「障害者政策推進トップフォーラム」を奈良市内で開催しました。

 このフォーラムは、県内の経済、労働、教育、障害者団体、国、市町村など各界の代表者の方々と、課題等を共有し、障害者政策を総合的に推進するために開催するもので、県の今後の取組等について議論する「障害者政策推進会議」と、障害者への理解をさらに深めていただく「障害者政策推進フォーラム」の2部構成で実施しました。

 「障害者政策推進会議」では、奈良県における取組状況を紹介するとともに、障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会づくりの推進、障害者雇用の推進について意見交換を行いました。

 「障害者政策推進フォーラム」では、障害のある人を積極的に多数雇用されている障害者雇用優良事業所として、株式会社アドバン

障害者政策推進フォーラム

スを表彰させていただきました。また、平成26年2月に設立した「障害者はたらく応援団なら」に本年度新たにご登録いただいた福西メリヤス株式会社に登録証を交付しました。

 続いて、東京通信大学 人間福祉学部 教授の松為信雄氏をお迎えして、「障害者の雇用促進と職場定着を進めるには」と題してご講演をいただきました。

 本フォーラムを通じて、障害者の就労を始めとする諸課題について理解を深めていただき、取組を推進いただけることを期待しています。


2018年9月1日 「奈良県大芸術祭」「奈良県障害者大芸術祭」オープニングフェスティバルを開催しました

大芸術祭オープニング 奈良県では、平成26年度から「文化の力で奈良を元気に!」をテーマに、「奈良県大芸術祭」をスタートさせ、今年で5回目を迎えます。

 今年は、昨年、全国で初めて一体開催した「国文祭・障文祭なら2017」のレガシーを受け継ぎ、9月1日から11月30日までの3ヶ月間「奈良県大芸術祭」と「奈良県障害者大芸術祭」を一体開催します。

 本日のオープニングフェスティバルを皮切りに、「音楽」「演劇」「芸能」「舞踊」「美術」などの幅広いジャンルのイベントを県内各地で開催します。障害のある方もない方も、多様な芸術や文化に触れていただく機会となれば、うれしく思います。