活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2018年11月」で絞込み

2018年11月28日 奈良県海外展開リーディングカンパニー(輸出)表彰式を行いました

リーディングカンパニー表彰式 県内産業の振興を図るため、海外への輸出で成果をあげられている県内企業を「海外展開リーディングカンパニー(輸出)」に選定し、表彰しました。

 今回表彰された5社は、いずれも自社の強みを活かした特徴的・革新的な取組で、成果をあげられており、今後、県内産業の牽引役となっていただくことを期待しています。

 先の11月12日には、待望のジェトロ奈良貿易情報センターが開設されました。県としては、このジェトロ奈良がもつ海外取引のノウハウや海外ネットワークをフル活用し、一社でも多くの県内企業が海外で成果を収められるよう、連携して取組を進めてまいります。

【受賞企業 5社】

 梅乃宿酒造株式会社

 至誠堂製薬株式会社

 岩﨑工業株式会社

 東邦工業株式会社

 シバタ製針株式会社


2018年11月17日 一般県道三輪山線 大神神社参道整備事業の起工式を開催しました

大神神社参道整備事業起工式 桜井市三輪地内におきまして、一般県道三輪山線 大神神社参道整備事業の起工式を開催しました。

 奈良県では、平成26年に桜井市と「まちづくりに関する包括協定」を締結し、桜井市と協働で大神神社参道周辺地区のまちづくりに取り組んでいます。当地区のまちづくりは、「大神神社の上品な参道づくりと三輪のまちの賑わい創出」を行うことを目標としており、県においては、一般県道三輪山線 大神神社参道整備事業を進めることとしています。

 この工事はまちづくりの基軸となるもので、県内で策定された5地区の「まちづくり基本計画」の中で、新たに着手する初めての県工事です。

 


2018年11月16日 奈良スタットイベントを開催しました

奈良スタットイベント 職員の統計リテラシーの向上を図り、エビデンスに基づく施策の推進という「統計重視の文化」を県全域に広めることを目的に、桜井市立図書館において「奈良スタットイベント(統計活用事例発表会)」を開催しました。

 基調講演では、「統計でだまされない、だまさないために」と題して、大阪大学大学院国際公共政策研究科教授 小原美紀氏にご講演いただきました。その後、3団体が統計活用事例の発表を行い、各取組に対し、小原氏と安孫子勇一 県統計分析専門員からコメントをいただきました。

 このイベントをきっかけに、皆様に統計の持つ力を改めてご認識いただければ嬉しく思います。


2018年11月8日 平成30年度「ふるさと奈良の集い」を開催しました

ふるさと奈良の集い 平成30年度「ふるさと奈良の集い」を東京マリオットホテル(東京都品川区)にて開催しました。

 この集いには、例年、首都圏でご活躍の奈良県出身の方々、また奈良県と縁の深い方々にお集まりいただいています。本県の事業や観光・物産のPRを通じて、ふるさと奈良の動きを知っていただくとともに、様々な情報交換の場となっています。

 今回は、樹齢200年の吉野スギを使った「スギバイオリン」のミニコンサートを催しました。ふるさと奈良に思いをはせながら、皆様に交流を深めていただけたことと思います。

 これからも奈良を介したつながりが広がるよう、引き続き取組を続けてまいります。


2018年11月7日 奈良県企業立地セミナーin東京2018を開催しました

企業立地セミナー東京 奈良県企業立地セミナーin東京2018を、東京マリオットホテル(東京都品川区)にて開催しました。

 セミナーでは、調理パン、米飯、総菜などの製造販売などを行う株式会社サンデリカの加藤新悟代表取締役社長にゲストとして講演いただいたのち、私から本県における企業立地環境についてのプレゼンテーションを行い、奈良県の立地環境の優位性をアピールいたしました。

 東京でのセミナーの開催も8回目となりました。数多くの立地希望をいただいており、首都圏の皆さまにも、奈良県を立地先として強く認識していただけるようになってきたのではないかと思います。これからもより多くの企業の方々とのご縁を広げるべく、引き続き取組を進めてまいります。


2018年11月6日 第3回奈良県・市町村長サミットを開催しました

市町村長サミット 平成30年度第3回奈良県・市町村長サミットを、奈良県市町村会館で開催しました。

 今回は、「水害・土砂災害に備えた緊急防災対策案の検討」を議題としました。県から、今年7月に起きた西日本豪雨を教訓に、水害や土砂災害に備えた緊急防災対策案を説明した後、意見交換を行いました。

 また、「ジェトロなら貿易情報センター開設にかかるスケジュールと事業内容」や「土地の監視強化に向けた取組」などについてご報告しました。

 今後もこのサミットの場を活用して積極的に意見交換や情報交換を行い、県と市町村あるいは市町村間の連携が深まり、奈良県全体が良くなることを期待しています。


2018年11月3日 第9回東アジア地方政府会合を開催しました

東アジア地方政府会合 11月1日~3日の日程で、奈良市内において第9回東アジア地方政府会合を開催し、6ヵ国、39の地方政府の代表の皆様にご参加いただきました。

 今年度は、「農林漁業の振興」「グローバル化社会における人材育成」の2つをテーマに、講師の方々に助言をいただきながら、それぞれの地方政府の課題や創意工夫した取組等について意見を交わしました。このように地方政府が共有する行政課題について、相互理解を深め、課題解決の道筋を見いだすことは非常に有意義であると考えます。

 今後も、会合のより一層の充実、発展に向け、引き続き努力してまいります。