活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2019年2月」で絞込み

2019年2月11日 国道168号 長殿道路起工式に出席しました

長殿道路起工式 十津川村上野地地区において、国道168号 長殿道路の起工式に出席しました。

 五條新宮道路は、京奈和自動車道や近畿自動車道紀勢線などとともに、紀伊半島アンカールートを形成する地域高規格道路です。五條新宮道路の一部を構成する「長殿道路」は、熊野川の急峻な斜面上を併走する国道168号の線形不良や幅員狭小区間の解消、生活の利便性向上などを目的とした道路です。

 これまで国道168号の十津川道路、辻堂バイパス、宇宮原バイパス、川津道路が開通し、その美しい姿と効果抜群の道路が建設され驚嘆しており、安全・安心な通行の確保のほか、救急医療活動の負担軽減、観光・産業の活性化につながることを期待しています。

 今後も、国道168号五條新宮道路を、国と県が協力しさらなる整備を進め、南部地域の振興に積極的に取り組んでまいります。


2019年2月10日 桜井県営住宅建替工事起工式を行いました

桜井県営住宅建替工事起工式 桜井市内において、桜井県営住宅建替工事の起工式を行いました。

 奈良県では、平成27年度に桜井市と締結したまちづくり基本協定に基づき、「高齢者や子育て世代が地域に活き活きと住み続けられる多世代居住のまちづくり」を目標として、近鉄大福駅周辺地区のまちづくりに取り組んでいます。桜井県営住宅建替事業はその核となる取組であり、桜井市と連携し、県営住宅の集約化により生まれた余剰地を活用して、高齢者や子育て世代のための施設など、地域に必要なサービスの整備を検討しています。

 住宅の建替にあわせた「まちのリニューアル」を県と市の協働で行うのは初めての試みです。本事業をきっかけに、「まちのリニューアル」を推進し、多世代の方にとって住みよいまちづくりを実現することにより、地域の活性化につなげていきたいと考えています。