活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2019年9月」で絞込み

2019年9月16日 一般国道168号 十津川道路 開通式に参加しました

totukawa

  国道168 十津川道路の十津川村平谷~折立(延長1.7km)が916日に開通しました。平成239月の紀伊半島大水害時に緊急措置として前倒しで開通した区間(十津川村折立~小原)延長4.3kmとあわせて全区間6.0kmの完成を祝して、開通式を開催しました。

 今回開通した区間の前の道は、平成23年紀伊半島大水害により折立橋が落橋したため、約2ヶ月間の通行止めとなり、住民生活に大きな影響を及ぼしました。今回開通した今戸高架橋と十津川温泉北トンネルの完成により、住民の安全安心の向上が期待されます。

 また、十津川道路は「紀伊半島アンカールート」の一部として、南海トラフ巨大地震等の大規模災害への対応力の強化を図り、地域の生活や救急医療を支える「命の道」であり、これからの紀伊半島地域の産業や観光の振興なども期待されます。

 引き続き、「紀伊半島アンカールート」の早期整備に向けて、皆様のご協力を頂きながら、国・県・沿線市村と力を合わせて取り組んで参ります。 


2019年9月13日 令和元年秋の交通安全県民大会に出席しました

kotuanzen

 

 かしはら万葉ホールにおいて、令和元年秋の交通安全県民大会が開催され、出席しました。

 9月21日から30日まで実施される「秋の交通安全県民運動」では、「子供と高齢者の安全な通行の確保」「高齢運転者の交通事故防止」「夕暮れ時と夜間の歩行中・自転車乗用中の交通事故防止」「全ての座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底」「飲酒運転の根絶」「二輪車、原付車の交通事故防止」の6つの重点について、関係機関・団体が一致団結して推進します。

 引き続き、皆様のご協力をいただきながら、「交通事故のない やすらぎの 大和路づくり」の実現に向け、取り組んでまいります。

 

 


2019年9月2日 奈良県障害者政策推進トップフォーラムに出席しました

「障害者政策推進トップフォーラム」を奈良市内で開催しました。
 このフォーラムは、県内の経済、労働、教育、障害者団体、国、市町村など各界の代表者の方々と、課題等を共有し、障害者政策を総合的に推進するために開催するもので、県の今後の取組等について議論する「障害者政策推進会議」と、障害者への理解をさらに深めていただく「障害者政策推進フォーラム」の2部構成で実施しました。
 「障害者政策推進会議」では、奈良県における障害のある人への就労支援の取組状況を紹介し、障害者雇用の推進について意見交換を行いました。
 「障害者政策推進フォーラム」では、障害のある人を積極的に多数雇用されている障害者雇用優良事業所として、医療法人清和会を表彰させていただきました。また、平成26年2月に設立しました「障害者はたらく応援団なら」に本年度新たに3つの事業所(なんとチャレンジド株式会社、社会福祉法人仁南会、医療法人清和会)に登録証を交付しました。
 続いて、農林水産省農林水産研究所客員研究員でJA共済総合研究所主任研究員の濱田健司(はまだ けんじ)氏をお迎えして、「地域を元気にする福祉の力~農福+α連携~」と題してご講演をいただきました。
 本フォーラムを通じて、障害のある人の就労支援について理解を深めていただき、取組を推進いただけることを期待しています。

トップフォーラム2

トップフォーラム2