活動日誌

活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2020年5月」で絞込み

  第10回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、honbu

奈良県対処方針(5.29方針)を発表しました。

 奈良県内における新規感染判明者は、これまでの県民の外出自粛へのご理解、事業者の休業要請へのご協力のおかげで引き続き低水準 にあります。
また、関係者の絶大な努力によって、万全な医療体制が維持されるとともに、医療機関や福祉施設等での多発感染は起こっていません。
 更に、5月25日には全都道府県の緊急事態宣言が解除されました。
 これらの状況から、出口戦略検討会議委員の意見も踏まえ、奈良県の感染拡大防止への対処方針を見直し、社会活動正常化・経済活動活性化への取組方針を示します。

詳しくはこちらをご覧ください↓

 奈良県対処方針(5.29方針)

 

2020年5月29日

   第9回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、奈良県対処方針(5.22方針)を発表しました。

奈良県内における新規感染判明者は、これまでの県民の外出自粛へのご理解、事業者の休業要請へのご協力のおかげで引き続き低水準にあります。
また、関係者の絶大な努力によって、万全な医療体制が維持されるとともに、医療機関や福祉施設での多発感染は起こっていません。
更に、近隣地域においても同様の状況が確認されたことから、昨日、京都府、大阪府、兵庫県においても緊急事態宣言が解除されました。
これらの状況から、奈良県の置かれたフェーズの認識を示し、対処の考え方を示しました。

honbuhonbu2

2020年5月22日

  第8回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催し、奈良県対処方針(5.15方針)を発表しました。

現在、新規感染者の発生は、次の感染者増加の危険性は存在するものの、県内、近隣地域、全国で低下傾向にあり、活動自粛による地域社会経済へのダメージを考えると、「感染拡大防止」に努めながら、「社会経済活動の自粛緩和」を共に行う体制への移行を検討すべきものと思われます。

奈良県では、出口戦略検討会議の意見を踏まえて、これからとるべき対処方針を検討し、県民の皆様のご理解とご協力を得た上で、対策を果敢に実行し「新型コロナウイルス感染防止対策」と「域内社会経済活動の正常化」を両立させようとするものであります。

このたびの戦いは、姿の見えないウイルスとの戦いであり、長期戦になる可能性も高いですが、辛抱強く、賢く対処し、最終的に力強い奈良県の復活を目指したいと思います。

honnbu1

2020年5月15日

 第7回新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開催しました。現在、「出口戦略検討会議」に照会し、意見を求めている段階です。
出口戦略検討会議メンバーのご意見を反映した形で、5月15日にとりまとめ、同日の対策本部会議に諮り、「出口戦略の具体的取組方策」を決定する予定です。

0513honbu20513honbu1

2020年5月13日