トマトの病害

このページの画像は奈良県病害虫防除所が所有する画像です。無断転用を禁止します。

灰色かび病

被害の特徴と発生形態

葉、茎、果実などに発生し、葉には褐色水浸状の円形病斑を、果実には水浸状の病斑を生じ、表面に灰色のかびを生じる。多犯性の病原菌で菌糸・菌核で越年するほか有機物上で腐生的に繁殖し伝染源となる。施設栽培で発生が多く。気温20℃前後多湿時に多発する。あらゆる部分に発生するが、古い花弁から発生することが多い。


疫病

被害の特徴と発生形態

疫病は葉、茎、果実に発生し、葉にははじめ不規則な水浸状の病斑を生じ、拡大して暗褐色の大型病斑となり、白色のかびを生じる。褐色腐敗病は主に果実に発生し、水浸状の淡褐色円形病斑を生じ、表面に綿状のかびを生じる。被害部で菌糸の形で越冬する。疫病は、葉、茎、果実に発生し、下部から順次上葉に及ぶ。冷涼(20℃前後)で降雨続きの際に多い。病原菌はジャガイモにも感染する。褐色腐敗病は果実のみに発生し、病勢が進んでも果実は軟化せず、果形を保っているが、果肉は褐変している。比較的高温の時期に発生する。

葉かび病

被害の特徴と発生形態

主に葉の裏に淡褐色、ビロード状のカビが密生した病斑を生じる。種子伝染する。また被害葉に付着して越年し、翌年葉の裏面気孔から侵入感染する。葉・茎に発生する。発生適温は23℃前後で、温室、ビニルハウスやトンネル栽培をした場合に発生が多く、露地でも高温期に多発する。

輪紋病

被害の特徴と発生形態

葉、茎、果梗、果実などに発生する。病斑は同心輪紋を生じ大型である。果実ではヘタや、亀裂などの外傷の部分から侵される。病斑部には、後に黒色ビロード状のカビを生ずる。夏秋栽培の高温でやや乾燥した条件下で多発しやすい。病原菌はナス、トウガラシ、ジャガイモにも感染する。

萎凋病

被害の特徴と発生形態

萎凋病は高温時には根を侵し、苗床、本圃で発生する。罹病苗は発育が衰え草丈が短く、全体にやせ形となり、葉は少し緑色があせ、新梢はしおれ、下葉は枯れて垂れ下がる。罹病苗の主根の先端は暗褐色に腐ってくる。罹病株の導管部は褐変している。施設栽培では低温時に発生する根腐萎凋病もある。種子伝染、土壌伝染する。


かいよう病

被害の特徴と発生形態

細菌病であり、初め下葉が周縁部からしおれ、乾燥して次第に巻き上がる。ついで葉脈間が黄変し、ついには枯死する。病勢が進展すると茎、葉柄、葉に隆起したコルク状の小斑点を生じる。果実にも白い鳥眼状の斑点が現れることがある。種子伝染、土壌伝染する。摘芽、摘芯による二次伝染も多い。

青枯病

被害の特徴と発生形態

病原菌はナス科ほか多くの植物を侵す多犯性の細菌で、夏期高温時に発生する。根より侵入し、細根は褐変腐敗消失し、地上部は急激に萎凋枯死し、導管は褐変して、この部分から汚白色の汁液を出す。病原菌は土壌伝染性細菌で土中で2~3年以上生存する。

ウイルス病

被害の特徴と発生形態

タバコモザイクウイルス(TMV)と、キュウリモザイクウイルス(CMV)がおもな病原ウイルスで、新葉にモザイクや糸葉症状を呈する。TMVは種子、土壌、接触伝染性である。CMVはアブラムシによって伝搬される。その他、トマト・スポッティド・ウイルト・ウイルス(TSWV)による黄化えそ病はアザミウマによって伝搬され、茎、葉、果実にえそが生じ奇形となる。タバコ・リーフ・カール・ウイルス(TLCV)による黄化萎縮病はタバココナジラミ類によって伝搬される。

斑点細菌病

被害の特徴と発生形態

葉にははじめ暗褐色水浸状で周縁が淡黄色の小斑点を生じ、のち褐色になる。果実には褐色水浸状の小斑点を生じ、周囲は白くふちどられ、のち中心部はコルク化する。種子伝染するが、被害茎葉で土に残り土壌伝染もする。病原菌は降雨などで分散し、気孔や傷口から侵入する。感染の適温は20~25℃である。

軟腐病

被害の特徴と発生形態

摘芽のあとの葉柄、茎部などから感染し、はじめ水浸状に黒ずんでくる。のちずい部は腐敗消失して空洞になる。イネ科、マメ科以外のほとんどの作物を侵し、それらの根圏土壌で生息する。摘芽などでの傷口から侵入しやすく、高温多雨で多発する。


うどんこ病

被害の特徴と発生形態

主に葉に発生し、表面にうどん粉をふりかけたような白いかびを生じる。発病植物上に形成された白いかびによって伝染される。施設栽培で乾燥条件下で発生が多い。

斑点病

被害の特徴と発生形態

主に葉に発生し、中心部がやや光沢のある灰褐色の小斑点を生じ、のち中心部に穴があく。被害作物で越年する。20~25℃のやや冷涼な気温・多湿条件で発生しやすい。

菌核病

被害の特徴と発生形態

主に茎に発生し、はじめ暗緑色水浸状の病斑を生じ、のち暗褐色となり、多湿条件でくもの巣状の菌糸を生じる。病斑部の茎内部に多数の黒色でネズミ糞状の菌核をつくる。菌核の形で土壌中に生存し、20℃以下のやや低温・多湿条件で多発生する。

アルタナリア茎枯病

被害の特徴と発生形態

茎では主として地際部に発生し、黒色不整形のやや陥没した大型病斑を生じ、株全体がしおれて枯死する。病斑部から導管にそって茎内部に暗褐色状斑を生じることがある。葉にはえ死小斑点を全面に生じる。果実にもえそ斑を生じすじ腐れ症状になる。露地栽培では育苗中から、施設栽培では11月以降に発生する。土壌中に残存した被害茎葉からの伝染の可能性がある。

半身萎凋病

被害の特徴と発生形態

はじめは下葉の小葉が部分的にしおれ、葉縁が上側に巻く。のち小葉全体が黄化し、褐変枯死する。茎を切断すると導管部が不鮮明であるが黄褐になっている。被害残渣とともに長期間土壌中に残る。種子伝染もする。22~25℃のやや冷涼な温度、多湿土壌で多発生する。


環紋葉枯病

被害の特徴と発生形態

葉に発生し、淡灰褐色の同心輪紋状の円形病斑を生じる。やや古くなった病斑部の葉裏に中軸をもつ細長いピラミッド型の繁殖体の他、黒褐色の菌核を生じる。多犯性の菌で、山野のヘクソカヅラ、ツルアジサイなどに発生した病原菌が風雨で飛散して伝染する。山際の圃場で発生が多い。

→大きな画面でみる植物の病害虫一覧にもどる