県初の企業版ふるさと納税をいただきました!

2018年3月26日(月曜日)、千房株式会社から「企業版ふるさと納税」などで多額の寄付をいただくことから、奈良県庁において感謝状の贈呈を行いました。

寄付金のうち、県の歴史文化資源の活用に関する事業に充当する150万円については、2016年度に「企業版ふるさと納税」制度が創設されて以来、この制度を活用して県にいただく初めての寄付となります。

感謝状贈呈式の後、今回の寄付金を活用して製作した三角縁神獣鏡(黒塚古墳出土・重文)のレプリカのお披露目も行われました。

レプリカは県立橿原考古学研究所附属博物館で4月から6月にかけて開催される特別展で展示される予定です。

三角縁神獣鏡のレプリカ


千房株式会社 中井社長挨拶

千房株式会社中井社長

今年は千房創業45周年にあたり、ご縁を感じます。

私は奈良県葛城市の出身で、県より企業版ふるさと納税のお話をいただき、故郷のために何か力添えをしたいと考えました。

引き続き、奈良県のために協力をしていきたいと思います。


中井社長から村井副知事へ目録授与

副知事へ目録授与

村井副知事から中井社長へ感謝状授与

中井社長へ感謝状授与

村井副知事からお礼の言葉

村井副知事

今回の寄付は奈良県として企業版ふるさと納税第一号で、お礼申し上げます。

使い道としては、重要文化財のレプリカ製作と仏像の海外展示費用に充てます。

奈良県の歴史文化資源を、日本・世界の皆さまにさらに見ていただくため、この寄付金を有効に活用させていただきたいと思います。

 豊岡橿原考古学研究所附属博物館館長によるレプリカの説明

豊岡館長の説明

今回の寄付金を活用し、黒塚古墳出土の三角縁神獣鏡のレプリカを製作しました。

当研究所は、ユニバーサルミュージアムを標榜し、考古学を体感してもらうということに力を入れております。

青銅器は大変扱いが難しいので、このようなレプリカを作ることで、実際に触っていただくことができるようになります。

2枚のレプリカを製作し、1枚目は重さ・輝きを味わってもらう目的があり、2枚目は出土した状態を味わってもらうためさび入れ等加工を施しています。

体感型博物館として、このレプリカを存分に活用させていただきたいと考えています。

三角縁神獣鏡三角縁神獣鏡

集合写真

(記事投稿者)

奈良県庁広報広聴課

報道係   髙塚

放送制作係 金田  

この記事を読んで「いいね!」と思ったらシェア!



このエントリーをはてなブックマークに追加

こちらで更新情報をお届けしています!

Facebookページ まるごと奈良県リンク先(Facebookサイトへ移動します) Twitter せんとくんのつぶやき(twitterサイトへ移動します)

スマホアプリ『ナラプラス』で奈良県の最新情報をゲット!

スマホアプリ「ナラプラス」

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけの情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

ナラプラス春ver.

このアプリでは、奈良県の地域の話題、奈良の観光や食、文化など、おでかけに情報や、くらしに役立つ情報、災害情報などを中心に記事を配信しています。

アプリの紹介記事ページへ移動する

 

お問い合わせ

広報広聴課
〒 630-8501 奈良市登大路町30
報道係 TEL : 0742-27-8325
広報紙係 TEL : 0742-27-8326 / 
FAX : 0742-22-6904
放送制作係 TEL : 0742-27-8056
県民相談広聴係 TEL : 0742-27-8327
相談ならダイヤル TEL : 0742-27-1100