TEIBAN Japan classico 奈良の動詞のデザイン展
 

 入浴剤をデザインするのではなくてバスタイムをデザインする。
 製品をデザインするのではなくて、どうしてそれが大切なのか、名詞のデザイン(物体)の前に、想いや理念、そこに至るプロセスなどの「動詞のデザイン」をテーマとした展覧会です。

 奈良ブランド開発支援事業は、従来の地域ブランドとは異なり、モノ単体の開発ではなく、個々の企業がブランドの世界観を構築し、生活者からの共感を得てファンの獲得につなげていこうとする県内企業のブランディングを支援していく事業です。奈良県内企業の切磋琢磨ぶりを是非ご体感ください。

会場の様子

 

会期

平成29年8月  8日(火)120020:00

平成29年8月  9日(水)100020:00

平成29年8月 10日(木)100018:00


会場

奈良県文化会館1F展示室A(奈良市登大路町6-2)

 

出展内容
薬湯、ハーブ酒/Yaquo Warms Labo   ハンドメイドの貝ボタン/4Nov
建具によるスペースデザイン/杉森建具    吉野葛への想い/TSUJIMURA
未完成なペーパーフォルダー/hachi-wari  足から生活にリズムを/Caqueco
天然ミントの湿布/Mint Therapeutics
    家具と空間づくり/ 坪岡林業・聖山  
墨の贈り物/松壽堂            暮らしと麻/Mafu a Mano
町家に住まう旅/紀寺の家         鉄の欠片、道標/垣本鉄工所
パーマネント・ジャケット/ Sociel      奈良筆の魅力/鈴木一朗
革張り椅子職人/naice 中田真太郎     奈良の煎茶、焙じ茶、茶粥 /Team T
空間設計への想い/イクラ・デザイン   
ボーダレス、そして現実性のあるウェア/Aruki-tsudukeru
動きが生まれるシャツ/ヴァレイ        山と水を守る/ 坂利製麺所   
瓦の可能性/KAWARAISHI        ニットの可能性を追求/COTOYUI
サンプラチナ製眼鏡/高畑めがね工房    
Reading Nook(秘密基地)/煎茶と靴下、そして薬草
   
主催
奈良県:奈良県産業振興総合センター TEL 0742-31-9084


案内リーフレット