農業大学校 (~H28.3.31)


~農業技術を学びたい人、農業を始めたい人を待っています!~
   奈良農大では青年農業者の育成に加えて、新規に就農を希望する人や栽培実践のスキルアップを目指す人達を対象に、県農業の担い手を養成する各種実習を行っています。

    
           イチゴ収穫の実習              トマト収穫の実習

授業の一コマ

平成27年9月

【9月になりました】(9.2)
 夏休みが終わり、9月1日から全体実習を開始しました。
 これからは、イチゴの定植、秋野菜の管理・収穫などの農作業に加え、10月24日(土)に開催する農大祭の準備も忙しくなりそうです。

    
       トマトほ場の畝立て             パプリカの誘引作業

    
        ナスの出荷調製           キュウリ(接ぎ木)苗の定植

 <8月に播種・定植した野菜も生長しています>

    
     定植3週間後のメロンの様子        播種1週間後のダイコンの様子

  
【特別講義(農薬安全使用)】(9.9)
 外部講師による農薬の安全使用講習会を行いました。
 日々の管理作業で使用する機会の多い農薬について、法律や事故原因の事例等から安全確保の考え方について学びました。

    
        講習会の様子              農薬ラベルの見方について
 

【講義「農業経営」】(9.15)
 9月8日に開講した本講座2回目は、ケースメソッドを行いました。
 設定した農家の経営状況を基に、各グループで経営の問題点、課題、解決策について意見を出し合い、課題解決の方策について学びました。併せて、「P→D→C→A」の大切さを実感しました。

    
                  ケースメソッド資料(抜粋)

 
    
       「グループワークの様子」~付箋を利用して意見を出し合う学生~


【イチゴ苗の定植】(9.18)
 学生が育苗管理していた県育成品種の古都華、アスカルビー等を高設ベンチ、土耕ほ場に約2,600株定植しました。

    
    植え付け方法の指導を受ける様子      株元のクラウンの向きに注意して定植

   
             高設ベンチでは負担の少ない作業姿勢


    
     土耕ほ場での定植の様子          土耕ほ場では腰をかがめての作業

   
                  イチゴの定植後の様子


【基礎実習(農業機械)】(9.30)
 エンジンを分解し、構造について学びました。

    
       全体実習の様子                指導を受ける学生