農業インターンシップ事業


農業インターンシップ事業とは
 県が指導農業士(※)と連携して、農業への新規参入を目指す概ね45歳以下の方を対象に農業の就業体験の機会を提供し、農業・農村の理解を深め、新規就農者の確保に結びつけることを目的とする事業です。

(※)指導農業士
 農業後継者育成・確保、活力ある農村社会の形成に深い理解と情熱を持ち、高度な農業技術と経営管理能力を持つ農業者について、県知事が「指導農業士」として認定しています。

○事業内容
 インターンシップ先の農家(以下、受入農家)の元でおおむね1~3日間日々の農作業を体験します。どんな地域で、何を作っている受入農家の元に行くかについては県担当者との面談で決定します。

○申し込み方法
 就農相談を受けた後に、受入先農家を決定するので、まずは下記までご連絡下さい。

○連絡先
担い手育成係
0742-27-7617

○参考
農業インターンシップチラシ(PDF)