活動日誌 ― 知事の動き ―

知事が出席した行事等を写真入りで紹介します。


2015年12月25日 宇陀市とまちづくりに関する包括協定を締結しました

 奈良県と宇陀市は、「まちづくりに関する包括協定」を締結しました。まちづくりに関する包括協定は、天理市、大和郡山市、桜井市、奈良市、五條市、橿原市、大和高田市、高取町、御所市、三宅町、明日香村に続き12例目となります。
 宇陀市は、県東部地域の玄関口である「近鉄榛原駅」をはじめ、「重要伝統的建造物群保存地区」、「松山城跡」、「室生寺」、「宇太水分神社」など地域資源が豊富にあります。
 この度の協定締結により、「近鉄榛原駅周辺地区」、「宇陀松山周辺地区」、「うたの古市場周辺地区」、「室生寺門前および室生口大野駅周辺地区」の4つの地区について、「市の中心地としてふさわしいまちづくり」、「景観や観光資源を活用した賑わいがあるまちづくり」などをコンセプトに県と市が協働してまちづくりを推進することになります。
 県では、今後も引き続きまちづくりに前向きな市町村をより積極的に支援するため奈良モデルの発想の延長である「県と市町村とのまちづくりに関する連携協定」を進め、協定に基づく支援を充実させるとともに、まちづくりをより一層推進させてまいります。