農業大学校 (~H28.3.31)


~農業技術を学びたい人、農業を始めたい人を待っています!~
   奈良農大では青年農業者の育成に加えて、新規に就農を希望する人や栽培実践のスキルアップを目指す人達を対象に、県農業の担い手を養成する各種実習を行っています。

    
           イチゴ収穫の実習              トマト収穫の実習

授業の一コマ

平成28年1月

【農業経営実践論】(1.14)
 本校では、学生が就農にするにあたっての心構え等を学ぶため、農業経営者8名から直接話を聞き、意見交換をする学習を行っています。
 初回は、お茶生産者の中尾氏、野菜生産者の乾氏からご講義いただきました。


【イチゴ等の収穫】(1.15)
 露地ではカブ・ブロッコリー、ハウスではトマト・イチゴの収穫をしました。
 イチゴは今の時期とても糖度が高く、いい物が収穫できています。
 
    
         カブの収穫                イチゴの収穫

    
    トマト・ブロッコリーの出荷調製          イチゴの出荷調製


【東海・近畿農業大学校学生研究及び意見発表会】(1.19~20)
 本年度は三重県農業大学校で開催された本大会に、専門課程野菜コースの笠松さん、基礎課程野菜コースの竹内さんが奈良県代表として参加をしました。
 笠松さんは研究発表の部で「積算温度に基づいたトマトの低段密植栽培の計画と実践」、竹内さんは意見発表の部で「農業とデザイン」と題して、それぞれ発表を行いました。
 プロジェクト学習の成果や営農についての意見を発表した結果、竹内さんは、2月に開催される全国大会への出場が決まりました。

  


【農業経営実践論】(1.21)
 本校では、学生が就農にするにあたっての心構え等を学ぶため、農業経営者8名から直接話を聞き、意見交換をする学習を行っています。
 2回目は、畜産生産者の樋口氏、お茶生産者の竹西氏からご講義いただきました。


【来年の準備】(1.22)
 今の時期はイチゴなどの収穫・管理に加えて、来年度に向けた野菜・花の育苗等をしています。

    
     花の種をセルトレイに播種              菜花の管理

  
        トマト苗の育苗


【農業経営実践論】(1.28)
 本校では、学生が就農にするにあたっての心構え等を学ぶため、農業経営者8名から直接話を聞き、意見交換をする学習を行っています。
 3回目は、野菜生産者の上西氏、堀川氏からご講義いただきました。