山地災害に備えましょう


 近年は局地的に集中豪雨が頻発する傾向が強まっており、地域によってはこれまでにない甚大な被害が発生しやすい状況となりつつあるといえます。気候変動に関する政府間パネル(IPCC)第5次報告書では、今後極端な降水がより強く、頻繁になる可能性が高いと報告されています。(林野庁ホームページより)

 

危険箇所の確認!

山地災害が発生するおそれがある場所がどこにあるのか確認しましょう。

 

 ・山くずれ:

  雨水が地中にしみこんだり、地震などにより、山の斜面が突然崩れ落ちる。

 (起こりやすいところ)

   山の斜面に亀裂や湧き水がある。

   岩石がもろく、崩れやすい地質である。

   過去に山くずれがあった。

   山くずれがあった場所に隣接している。

   急斜面で、軟弱な地盤がある。

   水が集まりやすい斜面地形である。

 

 ・地すべり:

  地下水などの影響により、粘性土を滑り面として山の斜面がゆっくり移動する。

 (起こりやすいところ)

   過去に地すべりがあったところで、今も少しずつ動いている。

   湧き水や地下水が豊富である。

   断層や、もろく崩れやすい岩石がある。

   火山や温泉の影響で粘土化した土がある。

 

 ・土石流:

  山の斜面や谷の土砂、石などが、大雨などによって水と一緒に一気に下流に押し流される。

 (起こりやすいところ)

   渓流が急である。

   渓流に大きな石やたくさんの土砂がある。

   上流が山くずれなどで荒れている。

   過去に土石流があった。

 

こんなときが危ない!

 

・山の木が傾いたり斜面に亀裂が走った。

・山の斜面から石が転がり落ちてきた。

・今まで枯れたことのない湧き水が止まった。

・湧き水の量が増えた。

・川がにごり、流木が混ざり始めた。

・雨が降り続いているのに、川の水位が下がった。

・普段は澄んでいる沢や井戸の水がにごってきた。

・地鳴りの音が聞こえる。

 

危険を感じたらすぐに避難しましょう。

 

山地災害に備える。(林野庁ホームページ)
http://www.rinya.maff.go.jp/j/saigai/saigai/index.html

お問い合わせ

北部農林振興事務所
〒 639-1041大和郡山市満願寺町60-1 奈良県郡山総合庁舎内
[〒630-2166 奈良市矢田原町乙470-1 大和茶研究センター内(農産物ブランド推進第二係の住所)]

お問い合わせフォームはこちら

総務企画課:総務企画係TEL : 0743-51-0371FAX : 0743-54-5503
農林普及課:担い手・農地マネジメント係TEL : 0743-51-0373
農林普及課:農産物ブランド推進第一係TEL : 0743-51-0372FAX : 0743-54-5512
農林普及課:農産物ブランド推進第二係TEL : 0742-81-0019FAX : 0742-81-0652
農林普及課:林業振興係TEL : 0743-51-0374
土地改良課:農村整備係TEL : 0743-51-0375FAX : 0743-54-5523
   TEL : 0743-51-0376