特別児童扶養手当にかかる不適正な事務処理について

 特別児童扶養手当の支給等の事務について、適切に事務処理を行わなかったことにより、平成23年度から平成28年度において、一部の受給者(62名)に対し、過払返納金を請求していなかった事案や手当の支払が漏れていた事案等(64件)があったことが判明しました。
 過払返納金の未請求や手当の支払漏れの対象となりました受給者の皆様には、深くお詫び申しあげます。また、今回の事案により、県民の皆様に対し、県政に対する信用を著しく失墜させたことを深く反省し、再発防止策を早急に講じてまいります。
  
 詳細はこちら

子ども・子育て支援新制度について

奈良県放課後児童対策推進委員会