Facebookもご覧ください

奈良県立美術館では、当ホームページとは別に、Facebookで情報を公開しています。Facebookトップ画面(季節ごとに変わります)

日々の美術館の様子や、近々の行事のお知らせ、館蔵品の紹介など、週に数回(多い時は、日に数回)更新をしています。
ぜひ、こちらもご覧いただき、美術館の情報をお見逃しのないようお願いします。

奈良県立美術館Facebookへは、↓をクリック。
Facebookはこちら

 4月から開催予定の展覧会  
  書の源流企画展
  さかきばくざん  ししゅう   
  榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)
 期  間  平成29年4月15日(土)から7月23日(日)まで
 開館時間  9時00分~17時00分 (入館は16時30分まで)
 休 館 日    月曜日     
     ただし5月1日(月)、6月12日・19日(月)、7月17日(月・祝)は開館、
 
       7月18日(火)休館 
       
          榊莫山「寒山拾得」 平成6(1994)年 三重県立美術館蔵 

書の源流企画展 榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響) New!

   ふるさと知事ネットワーク(奈良・三重)美術館交流
 書の源流企画展
さかきばくざん  ししゅう 
榊莫山と紫舟のシンフォニー(交響)


2017年4月15日(土曜日)~7月23日(日曜日)

開館時間   午前9時から午後5時まで(入館は午後430分まで)

休館日    月曜日

※51日(月曜日)は開館

※奈良の音楽祭「ムジークフェストなら2017」(6月10日25日

 期間中の月曜日(6月12日19日)は開館

717日(月・祝)開館、718日(火曜日)休館


大和の仏像や自然との深い交流を創作へ結びつけた榊莫山(1926-2010)と、奈良の伝統工芸から学んだ美意識を
基に世界で活躍する紫舟。奈良とゆかりが深い書家二人の独創的な芸術世界を紹介します。

「莫山先生」と親しみを込めて呼ばれる榊莫山は、旧制上野中学校(三重県)で松永(ばい)(えん)に書を習うなど早くから
書に馴染み、満19歳で終戦を迎えた後は奈良の書家(つじ)(もと)()(ゆう)(1895-1957)
に師事しました。戦後間もなくの書道界
は、書道団体や公募展の創設、前衛書道の台頭など活気ある時代を迎え、その中で榊は自己の書を追求しました。
そして、当時の主流であった中国の(おう)()()から明・清
へ至る洗練された書の規範に従うのではなく、より古い木簡・
石碑の素朴で力強い書風を取り入れ、題材も古典的な漢詩文から現代詩や自作の文へ対象を移すなど、独自性・創
造性を重視して様々な試みを行いました。師・辻本史邑の没後は公募展から退き、独立した立場で作品を世に問い
ました。
 

6歳で書を始めた紫舟は、書家としての第一歩を踏み出した奈良で筆・漆工・陶芸など伝統工芸の技術を学び、
それにより養われた眼・感覚が以後の活動の基礎になっているといいます。平面の書だけではなく、書の彫刻と光・
影との融合、書と絵画との融合、デジタル技術との融合など書の可能性を広げ、国・文化の枠を超えた芸術として書
に取り組んでいます。 

  このような榊莫山と紫舟の素晴らしい作品により、書の芸術性や、自己を表現する手段としての書の魅力を感じて

いただければ幸いです。
 

  [主  催奈良県立美術館 産経新聞社
  [協  力三重県立美術館 紫舟アトリエ

  [特別協力東大寺 

    [後  援]奈良テレビ放送株式会社、株式会社奈良新聞社、西日本旅客鉄道株式会社、
                   近畿日本鉄道株式会社、阪神電気鉄道株式会社、奈良交通株式会社、奈良県商工会議所連合会、
                   奈良県商工会連合会、奈良県中小企業団体中央会、株式会社南都銀行、(一社)日本旅行業協会、
                  (一社)全国旅行業協会、(一社)国際観光日本レストラン協会、(一財)奈良県ビジターズビューロー、
                  (公社)奈良市観光協会、奈良県旅館・ホテル生活衛生同業組合 
  [観覧料]
     当    日    団体(20名以上)

   一  般 

400円

     
      300円

 

    大高生  

 
250円

 

  
       200円

 

    中小生   

150円

 
       100円

 


※次の方は無料でご観覧いただけます。
 ・65歳以上の方
 ・身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1名
 ・外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方
 ・教職員に引率された奈良県内の小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒
 ・毎週土曜日は、奈良県内・県外を問わず小・中・高校及びこれに準ずる学校の児童・生徒


 

  

  [行事案内]
   4月15日(土)書の源流企画展(前期)開幕(~6/4)
           「青春18きっぷ」ポスター紀行Ⅰ期展示(~5/7)
     17日(月)休館
     22日(土)ギャラリートーク 
     23日(日)「へぐり」講演「椿井城はだれの城?」
     24日(月)休館
     29日(土・祝)対談「我が師・榊莫山先生から学んだ創意の源流」
   5月   3日(水・祝)ミュージアムコンサート 
                 6日(土)「へぐり」講演「信貴山縁起絵巻を読み解く」 

      8日(月)休館
      9日(火)「青春18きっぷ」ポスター紀行Ⅱ期展示(~5/21) 
     15日(月)休館
     20日(土)ギャラリートーク 
     22日(月)休館
     23日(火)奈良の仏像ポスター(~7/23)        
     27日(土)ミュージアムコンサート
           「へぐり」マイ甲冑教室
     28日(日)ミュージアムコンサート
           「へぐり」マイ甲冑教室
     29日(月)休館
   6月 3日(土)ギャラリートーク
      4日(日)美術講座「榊莫山の芸術について」
      5日(月)休館
      6日(火)書の源流企画展(後期)開幕
     10日(土)ミュージアムコンサート
     11日(日)ミュージアムコンサート
     14日(水)ミュージアムコンサート
     15日(木)ミュージアムコンサート
     16日(金)ミュージアムコンサート
     17日(土)ミュージアムコンサート
          「へぐり」講演「江戸時代の雅楽と平群谷」
     18日(日)ミュージアムコンサート
     21日(水)ミュージアムコンサート
     22日(木)ミュージアムコンサート
     23日(金)ミュージアムコンサート
     24日(土)ミュージアムコンサート
     25日(日)ミュージアムコンサート
     26日(月)休館
   7月 1日(土)「へぐり」特別陳列「平群谷の石造文化財」
      2日(日)ミュージアムコンサート
      8日(土)ギャラリートーク
      9日(日)ミュージアムコンサート  
     10日(月)休館
     15日(土)「へぐり」講演「ある僧侶の肖像から」
     16日(日)「へぐり」へぐりクイズラリー
     17日(日)ミュージアムコンサート
     18日(火)休館
              22日(土)「へぐり」講演「平群谷が生んだ侠勇 嶋左近」
     23日(日)ミュージアムコンサート
           書の源流企画展最終日

  7月のイベントご案内 (pdf 602KB)
 

  出品リスト
    
榊莫山 (pdf 346KB) 

    紫舟  (pdf 121KB)


  展示内容・主な展示作品

榊莫山

序 代表作2点を展示し、導入とします。
   

「寒山拾得」 1994年 三重県立美術館蔵



  
「土」 三重県立美術館蔵

 

1. 書

     漢詩から現代詩へ、さらには「土」などの漢字へと、榊莫山が「何を書くか」(主題)を模索し、
   また「どのように書くか」(表現)を追求した歩みをたどります。

    ・「観音(加藤千晴 詩)」 1951年 三重県立美術館蔵

  ・「芭蕉の山河(其 二)」 1985年 三重県立美術館蔵

2. 画と書(人物)

      画と書および自作の言葉で表現した作品の内、理想的な境地に至った僧・詩人などを描いた人物画

3. 画と書(静物)

伊賀の自然の中で暮らした榊莫山が、日常の動植物を主題に作り出した珠玉の世界

    「リンドウ」・「ザクロ」・「カニ」・「ヒノナ」など 三重県立美術館蔵

4. 画と書(風景)

榊莫山が親しんだ大和、故郷の伊賀などを画と書・自作の言葉で表した、詩情あふれる風景画 
            ・「大和八景」(8面) 1984年 三重県立美術館蔵
            ・「伊賀八景」(8面) 1994年 三重県立美術館蔵

  
      「東大寺ノ松林(大和八景)」 1984年 三重県立美術館蔵 前期(4/15-6/4)展示

 
  
                「室生寺ノ塔(大和八景)」 1984年 三重県立美術館蔵 後期(6/6-7/23)展示
         

5. 合作

前衛美術など同時代美術へ関心を向けた榊莫山が、画家との合作により生み出した作品

    ・「誰モヰナイ」 榊莫山書・元永定正画 1986年 三重県立美術館蔵

 

紫舟

 紫舟芸術の過去・現在を代表し、未来を指し示す書、書の彫刻、書のキュビスム、書画
 
  

   「おはようありがとうごめんなさい」(書の彫刻) 2010年 紫舟氏蔵
  

  
       「天地開闢鶏図」(書画) 2015年 紫舟氏蔵
 

                 ほか、「鯨波動図」(書画) 2013年 紫舟氏蔵

 関連行事

    ・対談「我が師・榊莫山先生から学んだ創意の源流」 
        429日(土・祝)13時30分15時 レクチャールーム

        狹川普文師(華厳宗管長・第222世東大寺別当)

        榊せい子氏(榊莫山氏長女)

       ・美術講座          
             6月4日(日)14時-15時 レクチャールーム
       「榊莫山の芸術について」  学芸係長 稲畑ルミ子 
      ・学芸員によるギャラリートーク
        4月22日(土)・ 5月20日(土)・6月3日(土)・7月8日(土)
      14時-15時 展示室  
        ・ボランティアによる展示解説・書の体験コーナーなど

 

  ミュージアムコンサート  レクチャールーム他

    幅広いジャンルの演奏で全体を盛り上げます。

 

  書の源流企画展の連携事業

     1. 平群町による連携展示  415日(土曜日)-723日(日曜日) 1階ギャラリー  観覧無料

      「へぐり」─自然と歴史ロマンへのいざない

      信貴山の裾野で、個性あふれる魅力的な歴史、文化、自然をはぐくんできた「へぐり」の里。
       古今の人びとのいきいきとした
姿を映しだす「へぐり」の見どころを色とりどりに紹介します。
     2. 平群町による連携イベント  1階レクチャールーム他 参加無料
     ※1・2について、詳しくは平群町のチラシをご覧下さい。 (pdf 701KB) (pdf 850KB)          
 

 

       3. 「魅惑のポスター~全国の旅情、奈良の仏像~」  1階第6展示室  観覧無料

     前期:「青春18きっぷ」ポスター紀行  415日(土曜日)-521日(日曜日) (pdf 645KB) 

       旅情を誘う全国の鉄道情景とコピーで多くのファンを魅了するJR「青春18きっぷ」ポスター、
       その約26年分のポスター
現物が制作者の解説とともに展示されます。

      主催:公益社団法人 日本写真協会  協賛:奈良新聞社、岡村印刷工業 

     後期:奈良の仏像ポスター&ミュージアムコンサート  523日(火曜日)-723日(日曜日)
           主催:奈良県立美術館、関係団体・個人


 

     
  
    
  
 

お問い合わせ

県立美術館
〒 630-8213奈良市登大路町10-6

お問い合わせフォームはこちら

県立美術館TEL : 0742-23-3968