奈良県立民俗博物館・大和民俗公園へようこそ♪ 

 奈良県立民俗博物館(ならみんぱく)は、郷土の風俗慣習及びこれに伴う生活用具等で生活の推移の理解に欠くことのできない資料の保存と活用を図り県民文化の向上に資するため、1974年(昭和49年)に開館しました。
 奈良(大和)に暮らす人々が、その風土の中で育み、改良工夫をかさねながら維持してきた生活用具など民具の数々を収集し、これらを保存、展示公開する博物館です。
 大和民俗公園は、26.6haの広大な敷地を有する都市公園で、自然との共生の場「里山」を活かしながら「みんぱく梅林」「みんぱくしょうぶ園」のほか四季折々の草花や、森林浴・ウォーキングなども楽しんでいただけます。また、公園内には昔懐かしい江戸時代の民家15棟を「町屋」「国中(奈良盆地)」「宇陀・東山」「吉野」の4ブロックに分けて移築復原しており自由に見学できます。

 ぜひ、奈良大和の地に育まれた生活の文化を体験しに「ならみんぱく」へお越し下さい。

~お願い~
当博物館をご利用の介護福祉施設の職員のみなさまへ

 当博物館は、有料施設となります。
 65才以上の介護施設利用者様は、博物館受付窓口にて年齢が確認できるものをご提示いただきますようお願いします。 ※介護スタッフの方は、有料になります。

<年齢が確認できるもの 一例>

 免許証、健康保険証、介護保険証など(コピー可)。
 施設等でとりまとめていただいたリストでも可。

 障がい者手帳をお持ちの利用者様は、受付窓口にてお手帳をご提示いただきますようお願いします。その場合、障がい者の方とその介助者の方1名様は無料とさせていただいております。

 ご協力のほど、よろしくお願いします。

国際博物館の日記念ワークショップ「みて、きいて、ふれる民具のデザイン」を開催

趣旨

民俗博物館には4万点を超える資料があり、その一部を展示室でご覧いただいていますが、
みるだけではなかなか使い勝手や仕組みまでわかりません。
今回のワークショップでは、普段はみるだけの資料を、動かし、音を聞く体験ができます。
100年前のハエ取り器や唐箕、脱穀機などを動かして、感覚で道具の機能やデザインに
ふれるワークショップです。

名称

国際博物館の日記念ワークショップ
「みて、きいて、ふれる民具のデザイン」

日時

平成29(2017)年5月14日(日)
午後1時30分~

 
場所

奈良県立民俗博物館 講義室(大和郡山市矢田町545番地)

 
主催

奈良県立民俗博物館

 
定員

20名(先着順)/参加無料

 
申込み

4月18日(火)より、電話か博物館窓口でお申し込みできます。
TEL:0743-53-3171

 

問い合わせ

奈良県立民俗博物館 学芸課 溝邊(みぞべ)・茶谷(ちゃたに)
〒639-1058大和郡山市矢田町545番地
TEL:0743-53-3171/FAX:0743-53-3173

          

お問い合わせ

県立民俗博物館
〒 639-1058大和郡山市矢田町545
県立民俗博物館TEL : 0743-53-3171FAX : 0743-53-3173