馬見花だより5月6日

満開のヒラドツツジ ヒラドツツジとネモフィラ ヒトツバタゴ
園内各地のヒラドツツジが満開です。写真は「公園館」近くのヒラドツツジです。 「花の道」のヒラドツツジです。手前の青い花はネモフィラです。ネモフィラはそろそろ終わりです。 ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャノキ)が満開です。「ナガレ山古墳」東(写真)と「水鳥と花の広場」にあります。
(公園館近く/中央エリア)
(花の道/中央エリア)
 
(ナガレ山古墳東/中央エリア)
ナラノヤエザクラ ベニバナトチノキ スズラン
ナラノヤエザクラ(奈良八重桜)も満開です。公園では最後に咲く桜で、「県の花」になっています。 ベニバナトチノキも満開です。欧州原産のマロニエと、北米原産のアカバナトチノキの交配種です。 「陽だまり広場」の下池近くで、スズラン(ドイツスズラン)が咲いています。
(芝生の丘/中央エリア) (花の道/中央エリア) (陽だまり広場/中央エリア)



馬見花だより 5月2日

ネモフィラは見頃です イペが咲き始めました クレマチスも咲き始めました
ネモフィラが満開です。今週末ぐらいまでが見頃です。 「花の道」のトンネル前で、イペ・アマレロが咲き始めました。日本では珍しい樹木です。 近くのトレリスで、クレマチスも咲き始めています。
(集いの丘 / 北エリア)
(花の道 / 中央エリア)
 
(花の道 / 中央エリア)
前の一覧へ