(終了しました)消費者教育・啓発のイラスト・4コマ漫画募集! New!

 

消費者一人一人の暮らしを大切にするため、消費者被害の防止、消費者の自立支援にむけた意識向上をはかる取り組みの一つとして、消費者意識を啓発するイラスト、4コマ漫画を募集します。

 

応募資格

 

特に問いません。

1人何点応募してもかまいません。複数名のグループによる応募も可能です。

 

応募期限

 

平成29年9月15日(金曜日)

郵送の場合、平成29915日の消印有効とします。

 

募集内容

 

イラストと4コマ漫画の2つの部門において、消費者教育・啓発のために具体的な消費者トラブルや自立した消費者等を表現したものを公募します。テーマは自由ですが、下記参考資料の中からテーマを選ぶこともできます。

(1)イラスト部門

1つの枠の中で表現したもの


(2)4コマ漫画部門

4つの枠に分けたイラスト・漫画によりストーリー性を持たせて表現したもの

 

応募方法

 

・テーマは、消費者教育・啓発等にかかるもの、もしくは下記参考資料のいずれかのテーマから選んでください。

・作品の大きさは、A4サイズの用紙を使用し、1用紙に1点を作画してください。

・イラストは縦横自由ですが、作品の上下がわかるようにしてください。4コマ漫画は縦22センチメートル・横9センチメートルの枠内に作画してください。1コマの大きさは自由で、コマ欄の余白も自由です。「縦4コマ」の形式とし、上部枠外にタイトルを記載してください(22センチメートル×9センチメートルに含まない)。

・用紙は厚さ5ミリメートルまでのものを使用し、鉛筆、絵の具等の画材は自由ですが、基本的にカラー作品とし、セリフ、タイトルなど写植したい文字は鉛筆で書いてください。

・パソコンの作画ソフトを利用した作品は、A4サイズで印刷した原稿とデータを入れたCD-R(またはDVD-R)に作品名と応募者名を明記して提出してください。

・データを提出する場合、jpg形式で、解像度は300dpi以上とします。

・作品は生原稿、コピーのいずれも可としますが、必要に応じて生原稿等を提出いただく場合があります。

・応募された作品は返却しません。

・未成年者及び未成年者を含むグループで応募される場合は、保護者の同意を得たうえで応募するものとし、応募があった時点で、保護者の同意を得たものとみなします。

・応募作品1点ごとに、指定の応募用紙もしくは、下記の必要事項を記載したものを添付し、複数名による応募の場合は、そのグループ名と代表者名を記載してください。


【必要事項】

・作品のタイトル

・氏名・ふりがな、グループ名

・住所

・生年月日、年齢(201791日現在)

・職業または学校名(学生の場合は学年も記載) 

・連絡先(電話番号、e-mailアドレス)

・その他(作画の意図があれば記載してください)

 

応募指定応募用紙 (word様式)

 

応募先

 

郵送または持参にて、「応募・問い合わせ先」あてご応募ください。郵送される際には、作品が破損しないように十分注意してください(破損等が生じた場合にも、主催者では責任を負いかねます)。

 

 

審査

 

センター内に審査委員会を設置し、厳正な審査を行い、イラスト部門・4コマ部門ともに、最優秀賞1点、優秀賞2点を決定し、優秀作品には表彰状と記念品を授与します。

審査の経過や結果の個別の問い合わせには応じられませんのでご了承ください。

 

【審査基準】

イラスト部門、4コマ部門

消費者教育・啓発の趣旨を理解していること

・その趣旨を見たものに広く訴えるものであること 

 

発表

 

審査結果は11月ごろ、センターのホームページにて発表します。

 

作品及び個人情報の取り扱い

 

・応募作品は自作で未発表のものに限ります。また、作品の著作権及び使用権をはじめとする一切の権利は主催者に帰属するものとします。

・応募作品については、センターのホームページやセンターが制作する啓発物品等に掲載するなど、消費者教育や啓発に利するとセンターが認めた各種広報に無償で使用するとともに、作品を使用する際には、必要に応じて補正することがありますが、作者はこれを承諾するものとします。

・応募時に提出いただいた氏名等の個人情報は、審査・発表・印刷物への記載のみに使用します。(ペンネームの使用など、その方法については相談に応じます。)

・第三者の権利を侵害しているものは審査の対象外になります。また優秀作品選定後であっても、その旨が判明した場合、無効となります。また、第三者の権利を侵害したことで発生したトラブルはすべて応募者の責任となります。

・作品の制作や応募等にかかる費用は、すべて応募者の負担となります。

・本募集要項に取り決めのない事項については、主催者の判断により決定します。

 

応募・問い合わせ先

 

奈良県消費生活センター 総務啓発係

630-8122 奈良市三条本町81号シルキア奈良2

TEL 0742-32-0621  FAX 0742-32-2686

ホームページ http://www.pref.nara.jp/1746.htm

開所日・時間 平日・午前9時~午後5

 

参考資料


消費者教育・啓発テーマ・内容例
1.ワンクリック請求

 

無料サイトを閲覧していたら、ワンクリックしただけで登録完了の表示があり、料金を請求された。

2.点検商法

「無料で点検する」と言って訪問し、点検作業のあと、実際には問題がないのに「このままでは大変なことになる」などと不安をあおり、商品やサービスを契約させる。屋根工事や床下換気扇設置、シロアリ駆除などの住宅関係や、浄水器、布団販売などがある。

3.インターネット通販

インターネットで希望の商品を見つけ、代金も払い込んだが、商品は届かず、サイトも削除され、相手と連絡がつかなくなった。

4.マルチ商法

身近な人に勧誘され、「友達を紹介すればお金がもらえる」と、消費者金融で借金をしてまで高額な商品を購入。友人を勧誘するが、うまくいかず、トラブルに発展。

5.不正アクセス

無料アプリをダウンロードしたら、スマホに登録している電話帳や写真ファイルを盗み取られた。

6.電話勧誘販売

販売業者が消費者に電話をかけ、商品やサービスを言葉巧みに勧誘して契約させる販売方法。例として、(1)カニなどの生鮮食料品を送りつけて買わせようとするもの、(2)投資ファンドや社債などの利殖商品を買うように複数の業者が電話をかける劇場型勧誘、(3)公的機関をかたって「個人情報やマイナンバーが流出したので削除費用が必要」と金銭を要求するものなどがある。

7.消費者ホットラインの周知

困ったときは消費生活相談窓口に相談をしよう。「188」に電話をすれば、近くにある消費相談窓口につながります。

8.消費者市民

「人や環境に優しい商品を購入する」、「必要以上にものを買わない」、「必要のないサービスは断る」などよりよい社会を目指して行動する消費者を「消費者市民」と呼びます。

 

上記以外にも、奈良県消費生活センターや消費者庁、国民生活センターのホームページでもいろいろな事例を紹介していますので、テーマの参考にしてください。

ホームページアドレス

奈良県消費生活センター http://www.pref.nara.jp/1746.htm

消費者庁 http://www.caa.go.jp/

国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/

 

 

 【イラスト例示】               

(1)ワンクリック詐欺


(2)点検商法

「消費者庁イラスト集より」

【4コマ漫画例示】
(1)インターネット通販

(2)マルチ商法


「平成28年度あま~い誘いにご用心!」より

 

 

 

 

 

お問い合わせ

消費生活センター
〒 630-8122奈良県奈良市三条本町8番1号 シルキア奈良 2階
相談窓口・消費生活センター(平日 午前9時~午後4時30分)TEL : 0742-36-0931
相談窓口・中南和相談所(平日 午前9時~午後4時30分)TEL : 0745-22-0931
総務啓発係TEL : 0742-32-0621
相談・情報係TEL : 0742-36-0931