八十八夜と茶摘み

 今年は立春が2月4日なので、その88日目の5月2日が「八十八夜」にあたります。八十八夜とは節分、彼岸、入梅などと同じように、季節の移り変りをより適確に把握するために設けられた雑節(ざっせつ)の一つです。そしてこの時期には「新茶」と書いたのぼりや商品をあちこちで見かけるのではないでしょうか。八十八夜は「夏も近づく八十八夜、野にも山にも若葉が茂る。あれに見えるは茶摘みじゃないか。あかねだすきに菅(すげ)の笠」という、文部省唱歌の「茶摘み」の歌詞にも出てくるように、ちょうど新茶の収穫時期にあたります。ちなみに春分と夏至の中間で夏のはじまりとされる立夏が5月5日ですので、「夏も近づく八十八夜」という歌詞になるのです。
 このように唱歌「茶摘み」は、この時期の新茶収穫の光景を歌にしたものですが、奈良県の茶の主産地である奈良市東部山間や山添村では高原地帯の冷涼な気候のために八十八夜に収穫が始まっているところはほとんどありません。吉野郡大淀町にも茶産地がありますが、こちらは主産地よりも少し暖かいので八十八夜に収穫が始まっている年もあります。鹿児島県のようなもっと暖かい地域の茶産地では、すでに4月初旬より収穫が始まっていますので、八十八夜の時期には新茶の収穫が終わっている茶畑も多いのではないかと思われます。
 新茶の収穫は暖かいところから寒いところへ徐々に移ります。奈良県の新茶の収穫時期は全国の茶産地の中でも遅い部類です。しかし遅い分だけ、新芽が寒さに耐えてじっくりと育つため、香りも高く、うまみの濃い美味しい茶ができると言われています。奈良県産の茶は、農協や茶産地の直売所、インターネット等で販売されています。そのようなところで奈良県産の新茶が出回るのは5月中旬頃からとなります。新茶には独特のさわやかな香りと味がありますので、是非一度ご賞味下さい。

tya

  折り摘みの方法(上)と一心二葉で摘まれた新芽

sinme

【豆知識】「一心二葉で丁寧に」
 茶の収穫は機械で行う場合がほとんどですが、玉露などの一部高級品や品評会向けに限っては手摘みが今でも行われています。ここでは品評会向けの茶の摘み方をお話します。摘み取る時期は、茶の新葉が3枚から4枚開いた頃です。摘み取りの方法は、新芽の先端のこれから葉になる元となる「心」と呼ばれる部分があるものを、上から二枚目の葉の付け根から親指と人差し指の腹を使って丁寧に折るようにして摘み取ります。この時期の新芽は指の腹で簡単に折り取ることができます。爪を立てて新芽をちぎり取るようにして摘む人をたまに見かけますが、ちぎった部分が赤く変色し、できた茶の味も変質してしまうので、良い方法ではありません。
 もしも茶の新芽が少量でも手にはいるようでしたら、天ぷらにすると良いでしょう。繊維の少ない柔らかい芽が美味しく、食べやすいので、上述の時期と方法で摘み取りして下さい。



奈良新聞で第1日曜日に連載中の「農を楽しむ」に掲載されたものです。
(平成20年まで「みどりのミニ百科」)
※過去に掲載されたトピックスは時間が経過し、現下と異なる点もございますのでご了承下さい。