Facebookもご覧ください

奈良県立美術館では、当ホームページとは別に、Facebookで情報を公開しています。Facebookトップ画面(季節ごとに変わります)

日々の美術館の様子や、近々の行事のお知らせ、館蔵品の紹介など、週に数回(多い時は、日に数回)更新をしています。
ぜひ、こちらもご覧いただき、美術館の情報をお見逃しのないようお願いします。

奈良県立美術館Facebookへは、↓をクリック。
Facebookはこちら

  2018年4月から開催の展覧会  
  特別展
  奈良の刀剣 -匠の美と伝統-
 期間    平成30年4月21日(土曜日)~平成30年6月24日(日曜日)
 開館時間  9時00分~17時00分 (入館は16時30分まで)
 休館日     月曜日、ただし4月30日(月曜日・振替休日)は開館

       
       

       (二代)月山貞一「太刀 銘 太阿月山源貞一謹彫同作(花押)」

       昭和 59 1984)年 奈良県立美術館蔵

 展覧会の案内ちらしはこちら   (pdf 429KB) (pdf 557KB)

 展覧会中のコンサートはこちら  (pdf 616KB) (pdf 98KB) 

特別展 奈良の刀剣 -匠の美と伝統-

   特別展「奈良の刀剣 -匠の美と伝統-」
        
 会期:
平成30年(2018)4月21日(土曜日)~平成30年(2018)6月24日(日曜日)

開館時間:9時~17時まで(入館は16時30分まで)
 休館日: 4月23日(月曜日) 5月7日(月曜日) 14日(月曜日) 21日(月曜日) 28日(月曜日)

        6月4日(月曜日) 11日(月曜日) 18日(月曜日)

   観覧料:一般800600)円  高・大学生600400)円  中・小生400200)円
    ※(  )内は20名以上の団体料金

    ※身体障がい者手帳・療育手帳・精神障がい者保健福祉手帳をお持ちの方と介助の方1人は無料
           ※外国人観光客(長期滞在者・留学生を含む)と付添の観光ボランティアガイドの方は無料
     こちらからダウンロードできます。 案内ちらし(表)(pdf 429KB)(裏)(pdf 557KB)

 [概要]   

   現在、「日本刀」と呼称される刀剣類は、古くは「かたな」「けん」と呼ばれていました。その原型は
     古代に遡りますが、平安時代中期頃には、現在の反りのある片刃、いわゆる日本刀の形態が整い、その後
     も時代の変化を受けながら変化し、現代では美術品として日本のみならず、世界中で広く愛好されています。

      刀剣類は本来の用途として、武器の性格を持っていますが、その一方では古代から実用としての性能を超
     えて、持つ者の権威や武力、あるいは霊威や神聖性を示す象徴、そして技巧を凝らした工芸の粋としての性
     格も帯びていました。副葬品として、あるいは社寺に宝剣として奉納された刀剣類はその代表ともいえるも
     のですが、広く刀剣には所有者の守護を祈る象徴としての性質と、更には精神的な素養と芸術性をたたえた、
     美術品としての歴史と文化がともなっています。

      本展は、近年特に幅広い世代に関心を集めている刀剣の魅力を取り上げ、奈良ゆかりの刀剣を主として、
     古代から現代まで続く刀の文化とその芸術性、併せて現代に活躍する奈良ゆかりの刀匠の活動を紹介するこ
     とで、多彩な角度から刀剣の魅力への入り口とするものです。

    
   七支刀復元実験プロジェクトチーム(鈴木勉・河内國平ほか)

   「七支刀(鋳造復元品)(しちしとう)」 

   平成172005年 奈良県立橿原考古学研究所附属博物館蔵




   

  (二代)月山貞一(がっさんさだいち・月山貞利(がっさんさだとし)    

    「刀(かたな)(表)太阿(たいあ)月山貞一貞利 謹作(裏)平成七年五月吉日」
   平成71995 奈良県立美術館蔵


    

   (二代)月山貞一  「槍(やり)(日本号写し)(にほんごううつし)」

   昭和411966)年 大阪歴史博物館蔵 刀剣撮像:中村慧

   

 
    

   河内國平(かわちくにひら)

   「太刀(たち)号 末永(すえなが)銘(表)恩師末永雅雄先生國平製之

   (裏)寿 文化勲章平成元年春惜月」 平成元(1989)年 関西大学博物館蔵

 

   

   月山貞利(がっさんさだとし)
   
「刀(かたな) (棟)大和国住月山貞利謹作(花押) 
(裏)昭和五十二年二月吉日」
     昭和521977)年 個人蔵

 

   

   色々威腹巻(いろいろおどしはらまき) 大袖・喉輪付(おおそで・のどわつき)

     桃山時代(16世紀) 奈良県立美術館蔵


 [展示構成] 出品リストこちらからダウンロードできます。 出品リスト(pdf 256KB) 

   

  1. 奈良ゆかりの刀剣 
      1.-1(刀剣の歴史) 祈りの刀剣象徴としてのかたな-
      1.-2(刀剣の美) 刀剣の造形美を味わう
  2. 鐔の造形 -刀装具 刀を飾る-

  3. 現代奈良の刀剣

    3.-1(奈良ゆかりの刀工)現代の奈良の刀工とその刀剣を紹介
           月山貞利・河内國平をはじめとする奈良で作刀を続ける現代刀工

 

 主催:奈良県立美術館 

 後援:NHK奈良放送局、奈良テレビ放送株式会社、株式会社奈良新聞社、西日本旅客鉄道株式会社、
    近畿日本鉄道株式会社、阪神電気鉄道株式会社、奈良交通株式会社、奈良県商工会議所連合会、
    奈良県商工会連合会、奈良県中小企業団体中央会、株式会社南都銀行、(一社)日本旅行業協会、
    (一社)全国旅行業協会奈良県支部、(一社)国際観光日本レストラン協会、(一財)奈良県ビジターズ

    ビューロー、(公社)奈良市観光協会、奈良県旅館・ホテル生活衛生同業組合

 会場:奈良県立美術館 〒630-8213 奈良市登大路町10-6 
    TEL 0742-23-3968 FAX 0742-22-7032

 [関連事業]

 ⑴講演会「日本刀の魅力」             
  講師:河内國平氏(刀匠・奈良県指定無形文化財保持者)
   4月29日(日曜日・祝日)14時から レクチャールーム  
   定員80名(1330分開場・先着順) 要観覧券
 ⑵講演会「刀工月山鍛冶を受け継いで」             
  講師:月山貞利氏(刀匠・奈良県指定無形文化財保持者)
   5月6日(日曜日)14時から レクチャールーム  
   定員80名(1330分開場・先着順) 要観覧券

 ⑶ 対談 講師:金田國真氏(刀匠)聞き手:当館学芸員
  6月10日(日曜日)14時から レクチャールーム
  定員80名(要観覧券 13時30分開場・先着順)

 ⑷  対談 講師:月山貞伸氏(刀匠)聞き手:当館学芸員
  6月17日(日曜日)14時から レクチャールーム
  定員80名(要観覧券 13時30分開場・先着順)

 ⑸研師・関山和道(かずみち)氏による日本刀研磨実演
  4月30日(月・振休)10時から15時頃 1階ロビー  
   随時見学可能・要観覧券

 ⑹学芸員によるギャラリー・トーク 4月28日(土曜日)、5月19日(土曜日)、
   6月2日(土曜日) 14時から15時頃まで 展示室 要観覧券
 ⑺  ミュージアムコンサート レクチャールームなど        
   こちらからダウンロードできます。 ちらし(表)(pdf 616KB)  (裏)(pdf 98KB) 
 

 

 [同時開催]
  
天理市による連携展示 当館ギャラリー 観覧無料
  「古代史の鍵を握る刀剣 -国宝 中平銘鉄刀と七支刀-
   そして、春から初夏にかけての山の辺の道 ~めぐみ めぐる てんり~」

        こちらからダウンロードできます。 ちらし(表)(pdf 738KB)  (裏)(pdf 181KB)

 [連携イベント]

  〇講演会 
   5月  5日(土曜日)「天理市東大寺山古墳から出土した日本最古の銘文鉄刀」
              講師:藤原郁代氏(天理大学附属天理参考館学芸員)
   
   5月26日(土曜日)講演会「天理市寺山古墳群から出土した古墳時代の太刀」
              講師:松本洋明氏(天理市教育委員会文化財課)
   6月 9日(土曜日)講演会「石上神宮と神剣」
              講師:森好央氏(石上神宮禰宜)

   6月23日(土曜日)講演会「古代史の鍵を握る二つの刀剣-中平銘鉄刀と七支刀-」
              講師:桑原久男氏(天理大学文学部教授)

  〇ワークショップ  「古代の首飾りづくり」(1回 300円)

   5月12日(土曜日)・6月23日(土曜日) 10時~15時 随時受付

  〇天理市山の辺の道ボランティアガイドの会による展示解説  10時~15時(申込不要:無料)

   4月21日(土曜日)・5月5日(土曜日)・5月26日(土曜日)・6月2日(土曜日)・6月23日(土曜日)

   ※詳細は天理市観光協会事務局までお問い合わせください。電話0743-63-1001(内線284)

     

 [行事案内]
  4月21日(土曜日)奈良の刀剣 -匠の美と伝統-展 開幕(~6月24日)

            連携展示解説(1)
      22日(日曜日)ミュージアムコンサート
      23日(月曜日)休館
      28日(土曜日)ギャラリー・トーク
    29日(日曜日)講演会
    30日(月曜日・祝日)日本刀研磨実演

  5月
3日(木曜日・祝日)ミュージアムコンサート
      4日(金曜日・祝日)ミュージアムコンサート
      5日(土曜日)ミュージアムコンサート

              連携講演会

            連携展示解説(2)
        6日(日曜日)講演会

      7日(月曜日)休館
      10日(木曜日)ミュージアムコンサート
      12日(土曜日)連携ワークショップ(1)
      13日(日曜日)ミュージアムコンサート
        14日(月曜日)休館
      19日(土曜日)ギャラリー・トーク
                                   ミュージアムコンサート
      20日(日曜日)ミュージアムコンサート

      21日(月曜日)休館
              26日(土曜日)連携講演会

            携展示解説(3)
              27日(日曜日)ミュージアムコンサート
              28日(月曜日)休館
              31日(日曜日)ミュージアムコンサート

  6月2日(土曜日)ギャラリー・トーク
                                  ミュージアムコンサート

             携展示解説(4)
       3日(日曜日)ミュージアムコンサート
       4日(月曜日)休館
               9日(土曜日)ミュージアムコンサート
             連携講演会
             10日(日曜日)対談
            
11日(月曜日)休館
             16日(土曜日)ミュージアムコンサート
             17日(日曜日)対談
     18日(月曜日)休館
             23日(土曜日)ミュージアムコンサート
             連携講演会

             連携ワークショップ(2)

             携展示解説(5)
    
24日(日曜日)奈良の刀剣 -匠の美と伝統-展 最終日
             ミュージアムコンサート