奈良県立民俗博物館・大和民俗公園へようこそ♪ 

 奈良県立民俗博物館(ならみんぱく)は、郷土の風俗慣習及びこれに伴う生活用具等で生活の推移の理解に欠くことのできない資料の保存と活用を図り県民文化の向上に資するため、1974年(昭和49年)に開館しました。
 奈良(大和)に暮らす人々が、その風土の中で育み、改良工夫をかさねながら維持してきた生活用具など民具の数々を収集し、これらを保存、展示公開する博物館です。
 大和民俗公園は、26.6haの広大な敷地を有する都市公園で、自然との共生の場「里山」を活かしながら「みんぱく梅林」「みんぱくしょうぶ園」のほか四季折々の草花や、森林浴・ウォーキングなども楽しんでいただけます。また、公園内には昔懐かしい江戸時代の民家15棟を「町屋」「国中(奈良盆地)」「宇陀・東山」「吉野」の4ブロックに分けて移築復原しており自由に見学できます。

 ぜひ、奈良大和の地に育まれた生活の文化を体験しに「ならみんぱく」へお越し下さい。

新ワークシートが完成しました!
2017年9月より、常設展「お米づくり」「お茶づくり」「山の仕事」「昔のくらし」を
より楽しく学べるワークシート2種類と解説ブックを全面リニューアルしました。
博物館でも配布しております。ぜひご活用ください!

※ワークシート&解説ブックは、奈良県内の全小学校・相当施設に配布しています。
※ダウンロードに際して不具合などがございましたら博物館までお知らせください。

『みんぱく探検!(4ページ)
小学校3年生向け/クイズ式/5問
▶ダウンロード(pdf 2.97MB)

『民俗博物館ワークシート』(8ページ)
小学校4年生向け/書き込み式/10問
▶ダウンロード(pdf 3.27MB)

『常設展「昔のくらし」解説&活用アイディアブック』(8ページ)
展示解説/見どころガイド/展示資料一覧

▶ダウンロード(pdf 2.43MB)

~お願い~
当博物館をご利用の介護福祉施設の職員のみなさまへ

 当博物館は、有料施設となります。
 65才以上の介護施設利用者様は、博物館受付窓口にて年齢が確認できるものをご提示いただきますようお願いします。 ※介護スタッフの方は、有料になります。

<年齢が確認できるもの 一例>

 免許証、健康保険証、介護保険証など(コピー可)。
 施設等でとりまとめていただいたリストでも可。

 障がい者手帳をお持ちの利用者様は、受付窓口にてお手帳をご提示いただきますようお願いします。その場合、障がい者の方とその介助者の方1名様は無料とさせていただいております。

 ご協力のほど、よろしくお願いします。

【参加受付7月24日~】「昔の道具研究室-集まれ!キッズ学芸員-」

夏季企画展 明治150年記念「ものづくりの発想」関連ワークショップ

「昔の道具研究室-集まれ!キッズ学芸員-」

みて、さわって、作って、昔の道具を研究しよう!今年のテーマは「回転」。

午前は「有明行灯の秘密-発泡スチロールボードでミニ行灯を作ろう-」、

午後は「テコを使った江戸のからくり玩具-連理返り人形を作ろう-」と題し、

学芸員と一緒に昔の道具のデザインや仕組みを観察したあと、それを応用した工作に挑戦します。

からくり人形づくりは、昨年の夏休みにも大好評だった奈良工業高等専門学校とのコラボ企画。

チラシはこちらをご覧ください。

日時

平成30(2018)年8月26日(日曜日)
(1)「有明(ありあけ)行灯(あんどん)の秘密-発泡スチロールボードでミニ行灯を作ろう-」
  午前10時~12時
(2)「テコを使った江戸のからくり玩具(おもちゃ)-連理(れんり)返(がえ)り人形を作ろう-」
  午後1時30分~3時30分頃 【共催/奈良工業高等専門学校】

場所
奈良県立民俗博物館 講義室(大和郡山市矢田町545番地)

定員
各回20名(先着順)

対象
小学校3年生以上

参加費

無料(ただし、博物館の観覧料が必要)

申込

7月24日(火曜日)午前9 時から電話または博物館窓口にて受付
(定員に達し次第終了)

関連展示

夏季企画展 明治150年記念
「ものづくりの発想-民俗資料からみる特許・実用新案制度-」
平成30(2018)年7月14日(土曜日)~9月2日(日曜日)

問い合わせ
奈良県立民俗博物館 学芸課 茶谷(ちゃたに)・溝辺(みぞべ)
〒639-1058 大和郡山市矢田町545 番地
TEL:0743-53-3171/FAX:0743-53-3173

お問い合わせ

県立民俗博物館
〒 639-1058 大和郡山市矢田町545
県立民俗博物館 TEL : 0743-53-3171 / 
FAX : 0743-53-3173