第333回定例県議会の知事提出議案説明要旨を掲載しました。

 第333回定例県議会(平成30年9月13日)

 知事提出議案説明要旨

 ただいま提出しました議案について、その概要をご説明いたします。

 まず、議第77号は、平成30年度一般会計補正予算案です。

 今回の補正予算案におきましては、7月に発生しました豪雨等による災害への対応や、国の交付金等を活用した県政諸課題への取組の推進、その他緊急に措置を必要とする経費について、25億900万円余を追加計上いたしました。

 以下、主なものについてご説明いたします。

 まず、7月の豪雨や台風12号等による災害に対応するため、道路や河川等の公共土木施設、農地及び農業用施設等の災害復旧や、ため池の防災対策を進めてまいります。

 また、6月に発生しました大阪府北部を震源とする地震により、被害を受けた国指定文化財の復旧を行うとともに、この地震を受けて実施しました県有施設におけるブロック塀等の安全点検の結果、建築基準法に非適合であることが判明したものについて、撤去等を進めます。なお、安全点検後、速やかに撤去等が可能であったものについては、当初予算に計上した予備費の充用や専決処分による補正予算の編成を行い、対応したところです。

 次に、70歳以上の高齢者が運転免許証を更新する際に受講が必要な高齢者講習の実施件数を増加させるため、運転免許センターに実車指導用コースを整備します。

 また、「企業版ふるさと納税制度」に基づく寄附金を活用し、フランスで開催されている「ジャポニスム2018」におけるプロモーションの充実を図ります。

 このほか、市町村が行う簡易水道施設の耐震化に対する補助や、農村周遊自転車ルートの整備を進めるとともに、新たに「地方創生拠点整備基金」を設置し、地方創生に資する施設整備等を推進いたします。

 次に、繰越明許費につきましては、災害関連緊急砂防等事業及び県立大学整備事業について、事業費を翌年度に繰り越すため、措置するものです。

 また、債務負担行為につきましては、この夏の記録的な猛暑に鑑み、公立小中学校における教育環境の改善を図るため、空調設備を設置する市町村に対し、緊急的に財政支援を行うとともに、「奈良まほろば館」の建物賃貸借契約の更新や、旧五條高校跡地における五條市と県との合同庁舎の整備にかかる建設工事等の契約手続き等を進めるため、設定や変更を行うものです。

 以上が今回の一般会計補正予算案の概要です。

 次に、その他の議案についてご説明いたします。
 議第78号から議第82号は、条例の制定及び改正についての議案です。

 議第78号は、建築基準法の改正に伴い、建築物の敷地と道路との関係の建築認定申請手数料等を追加する等の改正、議第79号は、公職選挙法の改正に伴い、県議会議員の選挙における選挙運動用ビラの作成について、公費負担をする等の改正です。

 議第80号は、国において養護老人ホームの設備及び運営に関する基準が改正されたことに伴い、養護老人ホーム等の基準を見直すための改正、議第81号は、県立高等学校適正化実施計画に基づき、県立高等学校の新設及び廃止を行うための改正です。

 また、議第82号は、先に申し述べました「奈良県地方創生拠点整備基金」を設置する条例の制定です。

 議第83号は、平成29年度水道用水供給事業費特別会計決算の認定等を求める議案です。

 議第84号から議第86号は、(仮称)奈良県国際芸術家村整備事業等にかかる請負契約の締結について、議第87号は、橿原警察署における逮捕被疑者の所持金品紛失事故にかかる損害賠償額の決定についての議案です。

 議第88号は、「第10次奈良県職業能力開発計画」の策定について、議第89号は、「県立高等学校適正化実施計画」の変更について、それぞれ議決を求めるものです。

 報第21号から報第26号は、公立大学法人奈良県立大学等の経営状況等の報告です。

 報第27号は、先に申し述べました県有施設における建築基準法に非適合であるブロック塀の撤去等にかかる一般会計補正予算等について、報第28号は、県営住宅家賃の滞納者等に対する住宅明渡等請求申立てに関する訴訟等についての専決処分の報告です。

 以上が今回提出した議案の概要です。
 どうぞ慎重にご審議のうえ、よろしくご議決またはご承認いただきますよう、お願いいたします。

お問い合わせ

政策推進課  
所在地/〒630-8501 奈良県登大路町30番地
電話番号/0742-27-8306 E-mail/seisakuc@office.pref.nara.lg.jp