農業研究開発センター

農業研究開発センター 5月の風景

新緑の茶畑/大和茶研究センター

乗用型摘採機製茶工場

今年は、昨年度の冬が暖かったため寒害も無く、春先の降雨にも恵まれたことで、茶の新芽は順調に萌芽(ほうが;芽吹き)しました。またその後の霜害も無く、平年に比べて1日早い5月12日に摘採(てきさい;収穫)日を迎えました。

(写真:摘採の様子、製茶工場)

春レタスのマルチ栽培/大和野菜研究センター

春レタスのマルチ栽培

大和野菜研究センターがある大和高原地域では春レタスがマルチを用いて栽培されています。近年は、ほ場の高度利用に向け、その後作として早生エダマメが導入され、レタス栽培で利用した畝・マルチをそのまま再利用した省力栽培が行われています。

新着情報

農業研究開発センター公開デー開催!

農業研究開発センターでは、研究の成果・実績を発表し、県民の皆様に奈良県農業や農産物をPRするとともに、農業・園芸に親しんでもらうために標記イベントを開催します。秋の思い出づくりに是非お越しください。

 

 平成30年度公開デーの詳細はこちら(pdf 743KB)

奈良県農業研究開発センター 
〒633-0046 奈良県桜井市池之内130ー1
TEL:0744-47-4491  FAX:0744-47-4851
お問い合わせフォームはこちら


 農業研究開発センターホームページの利用について